Gene Mapper -full build-

Gene Mapper -full build-

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 770円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

自己出版され話題をさらった電子書籍が、分量1.8倍以上、文体・構成も一新した完全改稿版として登場。
バーチャルリアリティ技術と遺伝子組換作物が浸透した近未来、謎の塩基配列を持つ稲に秘められた陰謀に迫る、本格SFサスペンス。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫JA
ページ数
368ページ
電子版発売日
2013年05月24日
紙の本の発売
2013年04月
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
1MB

Gene Mapper -full build- のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月15日

    近未来のテクノロジーについてのきめ細やかな設定もSF好きにはたまらない内容でしたが、それに負けないくらい登場人物がとても魅力的に描かれていました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月17日

    いろいろあるけれど、未来は明るくあってほしい、希望に満ちた世界であってほしいと思わずにいられなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月10日

    作者の真面目さが伝わると共に、多少なりともデザインやエンジニアリング、ウェブの仕事でPCに関わっている人間ならば、もはやリスペクトとともに色んな角度から同調したくなるような用語やニュアンスに満ち溢れている。
    ギブソンを彷彿とさせるキラーなジャパニーズSFの名作と言って良いでしょう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月19日

    遺伝子工学、拡張現実、難しい言葉が並ぶけど、ほんの少し読み進めればグイグイ行けます。
    あっという間のイッキ読みです!
    読後のゾワゾワする高揚感がもうたまらない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月12日

    これも面白かった。
    gene mapperの話がメインなのだけれど、ところどころに出てくるギミックが、それだけしか出ないなんてもったいない、という感じで使い捨てられていっていた。
    このお話で作り上げられた世界観で、いくつもお話が出来上がるのではないかと思うし、それをもっと読みたい。
    150712

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月28日

    近未来技術の徹底した描写にワクワクしながら読んだ。
    さらに、物語の謎が明かされるにつれてどんどんと話にのめり込んでしまった。
    遺伝子工学まわりの知識があると余計に楽しい。
    登場するキャラクター達もとても魅力的だった。黒川さん好き

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月27日

    理系的な要素が強くて、文系の僕には少しキツい内容でしたが、なんとか読み切れました。
    とても興味深い設定で、ワクワクしながら読んでいました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月09日

    前作、自費出版版もよみました。
    近未来のAR技術に関する丁寧で詳細な表現。作者さんはほんとに好きなんだろう。
    生きてる間に実体験してみたいものです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月28日

    個人的に大好きなジャンル。農学と生物学(遺伝子工学)と、プログラミングが合わさった話。
    ジーンマッパーとして、遺伝子をプログラミングすることを生業とするフリーランスの主人公と、遺伝子組み換えではなく、遺伝子からプログラミングされて作りだされた植物の話。
    何故か、緑の革命を思い出しました。多分作物の名...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月22日

     拡張現実、遺伝子デザインされた作物が広く行き渡る未来。
     遺伝子デザイナーは大手企業に依頼されて手がけた自身の仕事、稲のデザインに不備があったと告げられる。企業のエージェントとともに原因究明に乗り出すが・・・

     思っていたより楽しく読めました(当初はもっと難しいかと思ってた)。
     拡張現実のギミ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています