死に至る病

死に至る病

作者名 :
通常価格 858円 (780円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「死に至る病」とは絶望のことである。本書はキェルケゴールが絶望の暗黒面を心理学的に掘りさげつつ、人間というものの本質を激しく追求したものであるが、繊細深刻をきわめる絶望者の心理描写の中には、多分に著者自身の自己分析と自己告白とが含まれている。ここに著者の哲学的思索の根本的な特色がある。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波文庫
ページ数
237ページ
電子版発売日
2013年04月26日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
3MB

死に至る病 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年04月09日

    絶望は自分が存在するというこの驚異的な当たり前を知ろうとしない、そのこともまた絶望。
    絶望ということを知るからこそ、ひとははじめて死というものの存在に驚ける。死に至る病が絶望というのは、生きること死ぬことが、偏に、この絶望から起こるからだ。生に至る病と言ってもいい。存在するということを知ってしまう、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月19日

    文章は哲学調で読みにくいが、趣旨は明快。実際、本書が示す段階に沿って一段二段と歩を進め、生きてきた人は少なくないのでは。哲学と馬鹿にさせないだけの見事な現実洞察があると思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月18日

    引用のされ方によるかもしれないけど、その姿勢や感覚は好印象。読み通すのは大変だけど読み通してよかったと思える。前提に対する共感がある程度必要かなと思う。そうでない人には響かないかもしれない。しかし、やはり名のある哲学者だけあり感じたことは有意義だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月05日

    「人間とは精神である。精神とは何であるか?精神とは自己である。自己とは何であるか?自己とは自己自身に関係するところの関係である。」有名な冒頭文だがこれだけ読んだ時点でさっぱり分からないが、読み進めていくと何となく分かるような分からないような・・・。
    実存主義者の先駆けとなったデンマークのキェルケゴ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月28日

    ―自己が自己自身に関係しつつ自己自身であろうと欲するに際して、自己は自己を措定した力のなかに自覚的に自己自身を基礎づける。

    人が全く絶望していない状態を叙述したキルケゴールさんの定式である。

    キルケゴールさんはほとんど全ての人間は絶望していると言う。絶望していない人はほとんど存在しない。存在して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月06日

    死に至る病=絶望として、
    キリスト教の観点から徹底して絶望を見つめる。
    絶望が罪であるということ、
    その罪がキリスト教にある原罪と関係があることなど、
    深い考察が行き渡っている。
    僕らが口にする絶望という言葉が、
    どれだけ多面性を帯びているか、
    それを知るだけで、暗闇に目が慣れていくように、
    絶望を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月22日

     いかに生きるか。絶対的な可能性という永遠者を見つめ、それに対する内なる永遠者(つまり自己)の声を聞き、その声に従って生きよ。それこそが神に近づく信仰者の道であり、真の生き方である。
     
     絶望について書いたものでありながら、そこを端緒に人間とは何か?自己とは何か?生きる意味とは?といった疑問に答え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月16日

    大学1年の6月頃に読んでた気がする。
    色々と付き合いや家庭の事が原因で4年間ほど湧いてた鬱な感じを、CLASHの「London Calling」のジャケットのギターのようにぶち壊してくれた。
    バカみたいだったよ、長い間抱いてた思いが数時間で壊されちゃったんだもん。
    今思い返すと、この本がきっかけで実...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月01日

    人はいつも頭の中で自分のあるべき姿というものを作り出し、それになろうとする。しかし、「いまここにあるがままの自分」は決してその像とひとつになることはできない。

    あるべき自分像は、内心の要求でもあれば、社会や周囲の人々の要請から作り出してしまうものでもある。これに重なろうとすることは、長期的に自分の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    今最も大切な本は?と聞かれれば、これを挙げるかもしれない。
    この本は、熱烈なキリスト者であるキェルケゴールが、真のキリスト者とはどういうものかを語っている。それを無宗教者の僕は、キリスト教ではない人間に普遍的な価値の問題として突きつけられた。
    「死に至る病」とは絶望のことだ。絶望とは、「真の自分自身...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています