「超」入門失敗の本質

「超」入門失敗の本質

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

なぜ、日本は同じ過ちを繰り返すのか?今注目される組織論の名著を、若手戦略コンサルタントが23のポイントからダイジェストで読む。戦略性・思考法・イノベーション・型の継承・現場活用・リーダーシップ・メンタリティ…今日の閉塞感に横たわる、日本的組織の負の構造を乗り越えるヒント。野中郁次郎氏推薦!

ジャンル
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
248ページ
電子版発売日
2013年04月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

「超」入門失敗の本質 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月11日

     本書は現代ビジネスに置いて目まぐるしい環境の変化に戸惑い、悩んでいる全ての日本人に突き刺さる一冊である。
     本書の構成は第二次世界大戦の敗北に導いた日本人の性質、考え方を7つの視点から解説し、現代日本のビジネス戦略の誤りに重ねて解説しているものである。各章は互いに関連しており、現代の日本人にも当て...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月19日

    組織論に興味があって。読んでて驚くほど自分のいる会社のことを伝えてて驚く。7年ほど前、内容に至っては70年以上前の事案の分析なのに。戦争という極限でこれなのであれば、平時はより一層この性質なのだろう。やるせない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月12日

    『失敗の本質―日本軍の組織論的研究』を読んだだけでは、もひとつ理解できずスッキリしなかったことが、この本を併せて読むことで、かなりハッキリと見える。日本軍大本営の問題点の多くが、自分の仕事上の組織にも当てはまる。「戦略」を立案することが苦手な日本人の本質が理解できる。「戦略」無くして発展なし。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月25日

    現代の日本でもこの本に書いてある考え方が残念なくらい当てはまる。
    その考え方は日本に染み付いてるから、とことんまで行かなければ、変わらないね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月04日

    久々に読んでいて面白いと思えたビジネス書!「失敗の本質」って本当に難解だけど一度はちゃんと読んでみたいと思っていたので!次は原書か?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月24日

    旧日本軍と現代日本企業に共通する「失敗」について論じている。
    『失敗の本質』の入門書。
    (国力の圧倒的な彼我差を抜きにして)旧日本軍とアメリカ軍の組織体質の違いから敗因について要点をまとめている。
    敗戦の理由を7つの要点に絞り、解説してゆく。

    「戦略性」…日本人は「大きく考える」ことが苦手。
    「思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月14日

    戦略とは、指標である。

    日本が戦争に負けた原因を国力の違いなど、マクロではなく、各々の戦闘毎の分析を進める。
    個々の戦闘における戦略の不足が指摘される。
    最終目的を目指すのではなく、近くの上長に評価される事だけを考える、エリートがエリートらしからぬ現代とそっくりの体質が浮かび上がる。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    日本の組織の弱点とは

    ようこ 2020年05月28日

    大東亜戦争における日本軍の多くの過ちは、現代の日本的組織に通ずるものが沢山あると気付かされます。戦時の知識に詳しくなくても非常に読みやすいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月28日

    「どーして政府はコロナ対策でこうも失策を続けて繰り返すのだろう?」、そういう思いから、大東亜戦争時の日本軍が国力の差でなく組織や作戦の選択でどのような失敗を犯してきたのかという名著の要約版を読んだ、名著自体は難解らしいので。
     この本をさらにまとめたウェブサイトもあるので、それを繰り返し読んでいただ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月22日


    本を読んでの気付きや感想:
    ・一つのアイディアを洗練、小さな改善、改良では大きな成果、逆転はできない→システム自体の見直し、あらゆるパターンの想定で一番効果の高いもの、逆転には発想の転換
    ・変化の対応に常に備える
    ・精度より戦略
    ・前提条件を崩さない策略か?の見極めが大事
    ・新しい概念の追求とか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています