列島融解

列島融解

作者名 :
通常価格 743円 (676円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

東日本電力社員を経て衆議院議員となった小川正人は、未曾有の大震災後、日本が直面するエネルギー問題に真っ向から取り組んでいた。原発の行方と、代替エネルギーの可能性は。停滞した経済は復調し、安全は守られるのか。日本自由党政権となり激動する政財界を見つめながら、この国のかたちを描き直す意欲作。(講談社文庫)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
400ページ
電子版発売日
2013年04月12日
紙の本の発売
2013年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

列島融解 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年11月02日

    日本のエネルギー政策、ひいては産業政策立案についてのお話。
    日本のあり方を考えるお話は好きです。
    政治家の役割について、勉強になりました。
    小川先生みたいな人は、現実にはいないんですかねー。
    そして、実は高校の先輩でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月22日

    意欲作である。
    日本の産業の根幹である電力を どうしたらいいのか。
    主人公 小川は 電力会社の職員から
    国会議員の政策秘書、そして 代議士となり、
    一貫して エネルギー問題に取り組み
    スタッフを集め,信頼できる国会議員と勉強会をして、
    電力に関する法案を策定して、日本を蘇生させようとする。

    原発の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月28日

    政治的にエネルギー問題、原発問題が非常に難しいテーマで、本当は皆受け売りの意見しか持たず自分の頭で考えているか分からないと不安になった。それと、大事を成す、信頼を得るためには、専門馬鹿にならず、教養が大切ということを考えさせられた。これは小説ではあるが、そういうものかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    想像とは違ってました

    雪雪 2015年02月10日

    セリフや設定にリアリティはあるのですが登場人物たちが立派すぎてリアリティをなくしていたのがちょっと残念でした。しかしおもしろかったです。どういう政治家が立派といえるのかを教えていただいたような気がします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月21日

    ほぼノンフィクションといえる小説。

    それだけに、内容の濃い、色々な分野の知識が散りばめられていて、極めて興味深い。

    小説としてのストーリー展開はほぼ無いに等しいが、それ以上に、知的好奇心が刺激される。

    著者の経歴からしても、リアリティーを感じないわけにはいかない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月08日

    公安や内調を経験した者にしか表現できないリアリティがあって非常に面白かったです。

    実名は出て来ませんが、実在する人物が容易に特定できる書き方がしてあり、内容も実際に起こった出来事が盛り込まれているので何処までが事実なんだろうか?とワクワクしながらすぐに読み終わりました。

    エネルギー政策の観点から...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月17日

    東日本電力社員を経て衆議院議員となった小川正人は、未曾有の大震災後、日本が直面するエネルギー問題に真っ向から取り組んでいた。原発の行方と、代替エネルギーの可能性は。停滞した経済は復調し、安全は守られるのか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月28日

    日本に住んでいながら政治に関してはほとんど知らないに等しい。
    たまにニュースをさらりと眺め、選挙のときには消去法で投票する人を決めていく。
    こんな私のような人間にも選挙権はある。
    硬い!!
    とにかく硬い作品だ。
    読みやすい作品でもないし、小難しい出来事が聞き慣れない単語といっしょに押し寄せ、途中で溺...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月06日

     東日本電力社員を経て衆議院議員となった小川正人は、未曾有の大震災後、日本が直面するエネルギー問題に真っ向から取り組んでいた。原発の行方と、代替エネルギーの可能性は。停滞した経済は復調し、安全は守られるのか。日本自由党政権となり激動する政財界を見つめながら、この国のかたちを描き直す意欲作。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月30日

    登場人物が活かされきれていない感じがして、ちょっと残念・・・。
    もう少し、この著者の本を読んでみたいとも思った

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています