炎の経営者(下)
  • 最新刊

炎の経営者(下)

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

大阪の場末にあたる桃谷の裏長屋の2階に研究室というにはあまりにもみじめな仕事場で、たったひとりで硫酸触媒の研究にとりくみはじめて20年余、八谷泰造の日本触媒化学工業は近代的石油化学工場としての偉容を川崎の地にあらわした。「人生劇場」をこよなく愛した経営者の、炎と燃えた生と死と描く。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
262ページ
電子版発売日
2013年04月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

炎の経営者(下) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年04月29日

    八谷社長は日本触媒という会社を一流会社にした。その情熱のすごいこと。最期は社長室で他界。すごすぎる。

    情熱があればオールオッケイ。そんな風に思えてしまう程、情熱あふれる社長だった。己の会社で創った技術が世界に認められる。なんていい響きだ。憧れます。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年07月24日

    八谷率いる日本触媒化学工業が軌道に乗り始めた頃が描かれている。上巻と同様面白いが、勃興期の方が熱さを感じられ、好きである。

    このレビューは参考になりましたか?

炎の経営者 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 炎の経営者(上)
    440円(税込)
    山陽線下り急行「筑紫」の2等車で、一中小企業「日本触媒化学工業」社長の八谷泰造は、当時富士製鉄社長だった永野重雄に面会を申し込んだ。終戦直後の金で3千万円の株を、持ってもらいたいというのである――。無水フタール酸の製造から石油化学全般に命を懸けたロマン溢れる男の人生長編ドラマ。
  • 炎の経営者(下)
    440円(税込)
    大阪の場末にあたる桃谷の裏長屋の2階に研究室というにはあまりにもみじめな仕事場で、たったひとりで硫酸触媒の研究にとりくみはじめて20年余、八谷泰造の日本触媒化学工業は近代的石油化学工場としての偉容を川崎の地にあらわした。「人生劇場」をこよなく愛した経営者の、炎と燃えた生と死と描く。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています