オズの魔法使い

オズの魔法使い

作者名 :
通常価格 506円 (460円+税)
紙の本 [参考] 523円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

カンザスの大平原のまんなかから大竜巻で家ごと見知らぬ土地に飛ばされたドロシー。ヘンリーおじさんとエムおばさんが待つ故郷へ戻りたい一心で、どんな願いも叶えてくれるという偉大なる魔法使いオズに逢いにエメラルドの街を目指す。頭にわらの入ったかかし、心臓がないブリキの木こり、勇気がほしいライオン。仲間とともに困難を乗り越える一行の願いは叶えられるのか? 柴田元幸の新訳による不朽の冒険ファンタジー!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外文学
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2013年04月19日
紙の本の発売
2013年02月
サイズ(目安)
1MB

オズの魔法使い のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年09月19日

    自身の短所は、実は長所でもある。
    短所と思う理由は、自身が求める基準が非常に高いから。
    劣等感こそが成長を促すエネルギー。
    そんなことを教えてくれます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月14日

    もうすぐ3回目のウィキッドを観に行くので、今度は角川で再読。
    改めてよむと、自分には足りないものを求めてオズに向かった彼らには実は脳味噌も心も勇気も最初からたっぷりもっていたな、と。要は自らをきちんと見つめ気付くことが出来るかどうか?そして、信じる人の言葉行動というのは予想以上に大きな力を持つという...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月25日

    冒険としてはどれも呆気ない。しかし、オズの正体がバレる場面、旅をする意味については、十分すぎる示唆がある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月05日

    映画が気になったので先に原作を読んでみました。読みやすい文体でサクサク読み進められました。テーマもわかりやすくて満足度の高い1冊となりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月20日

    実は、ストーリー知らず。30過ぎてはじめて読んだ。


    弱いのに強いライオンに、心がないのに心優しい木こり、脳みそがないのに賢いカカシ。


    古典は、やっぱり残るだけの魅力があるから、後世に残っていくんだな、と。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月04日

    わかりやすいテーマを持ち、終始明るい雰囲気で進む物語であった。
    設定の良い意味での不徹底さと大人子供をはじめとした境界の曖昧さから、考えるとはどういうことか、また心とはなんなのかといった疑問を説教がましい形でなく伝えている、まさに現代のおとぎばなし「ふしぎなおはなし」であると感じられる。

    それでい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月01日

    古典。長い時を経てもなお読まれてる作品にはそれだけの含蓄がありますね。
    様々なテクニックが凝らされた昨今の小説のような面白さはもちろんないけども、キャラクターから滲み出る人柄、ユーモアと皮肉、不思議な世界観などなど。面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月01日

    映画を観て、再読したくなった。
    この作品がとても大好きだった時期があった。

    久しぶりに読んで、記憶が薄れていた部分が多くて驚いた。
    こんなにあっさり物語が進んだっけ? という思いになった。

    ドロシーとかかし、ブリキのきこり、ライン、犬のトトの仲間たちがちぐはなのにお互いを認め合って旅をするのは、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月04日

    カンザスの大平原のまんなかから大竜巻で家ごと見知らぬ土地に飛ばされたドロシー。ヘンリーおじさんとエムおばさんが待つ故郷へ戻りたい一心で、どんな願いも叶えてくれるという偉大なる魔法使いオズに逢いにエメラルドの街を目指す。頭にわらの入ったかかし、心臓がないブリキの木こり、勇気がほしいライオン。仲間ととも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年05月05日

    「不思議の国のアリス」は苦手でも、
    こちらは好き。
    高校1年時に、英語版を授業で使った。

    カンザスの大平原のまんなかから大竜巻で家ごと見知らぬ土地に飛ばされたドロシー。ヘンリーおじさんとエムおばさんが待つ故郷へ戻りたい一心で、どんな願いも叶えてくれるという偉大なる魔法使いオズに逢いにエメラルドの街...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています