全裸男と柴犬男 警視庁生活安全部遊撃捜査班

全裸男と柴犬男 警視庁生活安全部遊撃捜査班

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

マンションに帰宅した智宏が居間へのドアを開くと、そこに全裸の男が立っていた。そいつは煙草を斜に咥えたまま、智宏を見てきょとんと言った。「お前、誰?」 智宏は、絶叫した。「お前が、誰だ―――っ!!」新宿署の刑事・トモは、突然の辞令に従い、警視庁の超常現象対策部署・遊撃捜査班に異動することに! だがそこで待っていたのは、あまりにも個性的なメンバーで…!?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 講談社X文庫ホワイトハート
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社X文庫ホワイトハート
電子版発売日
2013年04月05日
紙の本の発売
2013年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

全裸男と柴犬男 警視庁生活安全部遊撃捜査班 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月17日

    タイトルから内容が全然想像出来なくて、戦々恐々としながら読み始めました。でも、読んでみると、個性的なキャラクターが色々出てくるし、やっぱり香月日輪先生の作品らしく人の温かみを感じられる作品で最後まで楽しく読むことが出来ました!
    しかも、「僕とおじいちゃんと魔法の塔」の登場人物の一色さんが出てきて嬉し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    あ、BLじゃないんだね。

    hiro 2017年01月07日

    くっつくならタイトルの男ふたりだろうけど、ラブがなかった。
    二巻でもなかった。
    すごく楽しく読めたけど間違えちゃったようだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月14日

    漫画化されたものを先に読んで面白かったから
    小説版(原作)を読んでみようと思って。

    漫画の良さは、視覚的に表情や状況が分かりやすいので読みやすいのですが
    小説の良さは、感覚的に場面の状況を想像(若しくは創造)出来る事かなと思います。
    漫画を先に読んだので、小説との小さな違いに気付かされることも面白...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月28日

    面白かったです。読んでいて楽しいテンポの小説だと思いました。登場人物が個性的で魅力的。また、心霊が絡んだ事件という発想が、個人的にツボでした。次作が楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月17日

    妖怪アパートの幽雅な日常を読んで、コレ好きーっ!!っという方は、是非、躊躇なく読んでいただきたいです。
    しかも、関連人物が何気に…っと、おっとアブナイ…もごもご。。。ε-(´∀`; )
    続きが早くも楽しみです!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月12日

    警視庁生活安全部遊撃捜査班、って??
    鋼鉄の無神経と称された石田智宏が配属されたのは、ちょっと、いやかなり変わったーーオバケ!?の捜査班だった。

    ざっくりまとめると、三十路のおっさんが五十路のおっさんに甘えたり弟の膝枕で寝たりめそめそしたり父親をパパって呼んだりする話だった。
    びっくりするほど女性...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月06日

    え、なにこのタイトルww『妖怪アパート』シリーズの香月さんだ!
    と、タイトルと作者さま見て勢いで購入。
    警視庁のフリンジチーム(通称)に配属された霊感ゼロの柴犬男智宏と、そんな柴犬男が唯一見えた生霊の全裸男京介、その他個性的なメンバーたちワイワイ活躍する感じの話。
    残酷な事件やドロドロした愛憎劇の中...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月04日

    おもしろかったです。

    妖怪アパートの世界を警察の世界に作ったっていう感じでした。

    というか、妖怪アパートとつながってますよね?
    長谷父出てましたし。

    タイトルだけ見たら、どうなんだろって思ってたんですが、
    読みだしたら、ハマりました。

    摩訶不思議な事件も霊がからんでるんだって言われら納得です...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月21日

    香月さんの新作、好き、ツボ、早く続きが読みたい!キャラが濃い。妖アパ大好きだけど、それと並ぶかそれ以上に好きかも。城島と奥さん(笑)のスピンオフ読みたい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月18日

    設定は突飛だけど、大切なことをあらためて教えてくれる香月作品。
    そう。生きていかなきゃいけないから。「立ち直る、切り替える」。それは決して無かったことにするわけじゃないし、忘れるわけじゃない。でも自分がきちんと生きられるようにしなきゃいけない。

    未読の作品を大切に読んでます。寂しいけれど。



    このレビューは参考になりましたか?

警視庁生活安全部遊撃捜査班 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 全裸男と柴犬男 警視庁生活安全部遊撃捜査班
    マンションに帰宅した智宏が居間へのドアを開くと、そこに全裸の男が立っていた。そいつは煙草を斜に咥えたまま、智宏を見てきょとんと言った。「お前、誰?」 智宏は、絶叫した。「お前が、誰だ―――っ!!」新宿署の刑事・トモは、突然の辞令に従い、警視庁の超常現象対策部署・遊撃捜査班に異動することに! だがそこで待っていたのは、あまりにも個性的なメンバーで…!?
  • 全裸男と蛇男 警視庁生活安全部遊撃捜査班
    霊感ゼロの刑事・石田智宏の異動先は、警視庁内でも知る人ぞ知る超常現象対策課だった! 智宏が組むことになった相棒は、全裸での幽体離脱癖のあるグータライケメン男・京介。ダメ男なのになぜか周囲に愛される京介とともに、智宏は潜入捜査を行うことに。ターゲットは呪いを操り、他人を破滅させている女!非常に強い霊能力と蛇の守護霊を持つ、京介の義弟・清明が、二人を救うため現場に駆けつけるが……!? ◆◇◆...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

警視庁生活安全部遊撃捜査班 に関連する特集・キャンペーン