お面屋たまよし

お面屋たまよし

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
紙の本 [参考] 1,045円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

面作師のもとで修行する太良と甘楽。面とはふつう、縁日で見かける、子どものおもちゃを指す。けれども、いにしえから続く面作師は、縁日で売りだす屋号とは別の、裏の屋号を持っているものなのだ。そして、裏の屋号では、妖面というものが売られているのだった。妖面は願いをかなえてくれる面。妖面のうわさは、不思議なことに必要とする者の耳にだけ、届くのだという――。人であるゆえの喜怒哀楽をえがいた戦国ファンタジー!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
YA! ENTERTAINMENT
ページ数
258ページ
電子版発売日
2013年04月05日
紙の本の発売
2012年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

お面屋たまよし のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年02月06日

    ・お面屋の見習い、甘楽と太良が、いろんな人と出会い、その人たちの運命を変えていくところが好きです。話の最後が気になって、次へ次へと読み進めてしまいます。
    ・よう面によって分かる真実や、うそ、人の人生までも変えてしまうお面。良い終わりもあれば悪い終わりもある。少しこわい所もありますが、わたしはとてもお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月11日

    ひ~面白い><
    なりたいものになれる不思議なお面を売ってくれるお面屋さんのはなし

    14歳くらいの少年ふたりが主人公なんだろうけど
    ふたりの視点で語られないから
    脇役っぽい

    挿し絵のちからが偉大なのかもしれないけど
    とてもよかった

    てんぐかわいい
    兄弟仲良しでキュンキュンする

    続編...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月09日

    始めの方は何度か読み直ししましたが、話がすすむにつれ面白くなってきました。一番好きなのは、お勝の話。潔くてよかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月16日

    つけるとなりたい姿になれる妖面を売り歩くお面屋ふたりの連作短編集。
    結末も、ほっとするもの、切ないもの、やるせないもの色々で、人の心の色々な面を感じることができる一冊でした。
    天狗たちとふたりの攻防(?)が微笑ましい。続編も読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月14日

    表紙を見ると、このまま漫画やアニメになりそうな感じも受けます。
    最初に、ちょっと悲しい怖い話を持ってきておいて、あとは安心できる話を配置してあるあたりが、うまいなぁと思いました。
    子供の本ではありますが、大人の世界を垣間見るようなところもあります。
    歴史など分からなくても楽しめる和風のファンタジーで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月15日

    気になってたので買ってみました。

    1話目読んだ感じ、失礼ながら「あー、よくある感じー」と思ってしまったんですが、2話以降がすごく良かったです。
    「自分ではない誰か」になれた時、人はどうするのか。
    色々と膨らみそうな設定だし、じわじわとキャラクターに味が出たりしたので続きに期待!っていう感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月17日

    おもしろかった!
    なりたい姿になれるという妖面のお話。
    不細工な娘が妖面をかぶって美人になる話が一番おもしろかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月13日

    不思議で怖い「妖面」のお話。
    怖いけれど、リスクはとんでもないけれど、やっぱりそれ相応の魅力がある。

    各地でお面屋「たまよし」を商っている二人の少年たちは、血のつながりはないものの、温かい。彼らを見守る御招山の主や天狗たちも温かい。

    時には切なく、時にはドキドキ、時にはほっとさせられるお話でした...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月09日

    誰かに変身して相手の本当の気持ちを知りたいと思ったことは誰でもあるだろう。この作品は、祭りでなじみ深いお面を使って、その気持ちをテーマにした一冊だ。児童書だが、人間関係や人生というものを考えさせられる作品だった。山の神の元に捨てられていた二人の赤ん坊を、山の神は、人間の面作師にあずけた。その面作師は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月01日

    設定に魅力を感じるけど、人物に感情移入出来ないなぁ(^^;
    このままシリーズが続くようですが大きなストーリー主題はどう展開していくのでしょうか?

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています