奪われた「三種の神器」 皇位継承の中世史

奪われた「三種の神器」 皇位継承の中世史

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

壇ノ浦の合戦から後南朝まで。天皇の証をめぐる壮絶なドラマ! 壇ノ浦の合戦、南北朝の対立、皇位奪還を狙う後南朝──。鏡・剣・玉という、歴代天皇の皇位継承のシンボルを求めて繰り広げられた争奪戦を通して、中世期の神器をとらえなおす1冊。(講談社現代新書)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2013年03月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2010年06月27日

    本書は、中世史を専門とし

    現在は大阪観光大学研究員である著者が

    三種の神器について記した著作です。


    皇位の象徴とされる「三種の神器」

    著者は、古事記に記された伝承や律令制の下での位置づけ

    そして、源平の争いの中での逸失とそれに対するの対応を紹介。

    そのうえで、鎌倉後期から南...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月13日

     「ボール一つにキリキリ舞いさ」という有名な歌詞があるが、中世の皇室も三種の神器にキリキリ舞いだったのである。

     源平の戦いにおいて、壇ノ浦で安徳天皇が三種の神器とともに入水したのは比較的有名な話で、鏡と勾玉は運よく回収することができたが、宝剣は海底へと沈んでしまい、現在に至るまで見つかっていない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月02日

    「三種の神器」というものは、天皇すら見たことがなく、皇位継承には絶対に欠かせないもの。

    もし御所が火事になって、天皇自身か「神器」かどちらか一方しか助けられないとしたら、「神器」を優先する。それくらいに大事なものということをどこかで聞いたことがあった。

    でも、過去に無くなってたことがあったのね。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月17日

    三種の神器といえば、神から授けられた、天皇を現人神たらしめる象徴なので、三種の神器に魅せられた人々の伝承や伝説を楽しめると思ったのですが、本書は、主権を得るために、権力の象徴である三種の神器を簒奪しようとする勢力争いが話の中心となっています。

    タイトルどおり、もっと三種の神器を主題にした内容であっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年04月14日

    今年の大河は清盛が主人公だけに、壇ノ浦の描写がどの程度になるのか、気になるところではありますが…。
    本書によって、平家が三種の神器を持って都落ちしたことが如何に重大事だったのかが改めて判って、その成り行きにドキドキしながらページをめくりました。

    この、源平時代の大事件のみならず、赤松氏に絡む神器争...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています