理系思考 分からないから面白い

理系思考 分からないから面白い

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

話題を呼んだ毎日新聞「理系白書」のエース記者による初エッセー集。
ノーベル賞の楽しみ方やロケットのお値段、学力問題から食の安全まで。
科学の現場から見たニッポンの現在・未来。
素粒子? ニュートリノ? カミオカンデ? 科学の現場から見たニッポンの現在・未来。エース記者がおくる人気の新聞コラム。コラムは原則として新聞掲載時のまま、書ききれなかった内容を新たにエッセイとして書き下ろした。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
毎日新聞出版
ページ数
352ページ
電子版発売日
2013年04月05日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

理系思考 分からないから面白い のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年04月26日

    ゴテッと科学ではなく、文系ならでは(?)の視点で楽しく読めました。
    どの章も大変興味深く、科学に詳しくなくても読めました。
    特にお気に入りの話は「花守り市長」なんともすてきな話で、こういった事が現実にあるということが感動でした。

    また、原子力問題についても多くふれています。
    不勉強で少し前にもこん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月17日

    毎日新聞の「発信箱」というコラムをまとめたもの。660字ほどの分量に科学の時事をまとめ上げる作業を続けてきた著者が、当時のコラムに書ききれなかったものをエッセイとして追加したのが本書。眠る前の布団での楽しみの一つだった。毎日少しずつ読んできた。短い文書で伝えたいことを伝えるというのはとても難しい技術...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月15日

    理系思考、という題名だが筆者は文系出身の科学部記者である。しかし、科学部記者としての経験から、あらゆる科学にまつわる話題について考察、エッセイを書かれている。理系の話題だから、といっても臆することなく、誰もが意見を述べられるようになれればと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月04日

    理系白書でも有名な元村さんの著書。

    短編記事を集めた本です。

    文理教育、教育、日本の科学政策、女性と科学といったことに興味がある人には面白いと思います。

    元村さんといえば、自分は大学での『博士と就職』のセミナーで「自分がやりたくて理系に行ったんだからちゃんと将来を考えなさい」と一括された...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月02日

    借本。
    理系の濃い内容かと思ったら違ってた。
    でも、楽しく読めたので、ちょいとおすすめです。
    著者のブログもあるようなので、これからそちらを拝見しようかと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    毎日新聞の記者さんでそうで。
    言葉をどう重ねると、人に伝わるか。
    化学というフィルタを通して、教えてもらえる。
    これは理系のための本なのか、文系のための本なのか?

    以下抜粋。
    ○枠の中にいる限り、その本当の窮屈さは実感できない(P.28)
    ○若い世代にも、
     数式の難しさより「分かる楽しさ」を伝え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    読みやすくて、決して難しい言葉は使っていないのに、たくさんの情報がつまっていて、読者に様々なことを考えさせるような文章を書けるってのは、すごいことです。
    毎日新聞の科学記者である著者が毎週書いていたコラムを集め、書き下ろしのエッセイを加えたもの。できたてのホットなうちに読むべし。わたしは少なく見積も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月01日

    毎日新聞科学環境部の元村さんが2004年から2年10ヶ月にわたって書かれた「発信箱」という毎日新聞のコラムに内容を追記したエッセイ集。当時の政治、国際情勢、自然災害、教育などテーマは幅広く、簡潔で読みやすい文章だった。新聞の醍醐味は、話題のニュースを織り交ぜたコラムが読めるところ。現在はどんなコラム...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月14日

    大学でこの著者の講義を受けた。
    講義も新鮮だったがこの本もなかなか面白い。
    ネタの発見、抽出、組み合わせ方、そして記事の書き方など、
    記者ならではの技術はすごいと思う。
    ただちょっと突き放したような印象を受けることもあるが、
    字数制限のあるコラムならではか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    IT関連の部署に務めながら部長に
    文系思考を指摘された私。

    理系思考は持ち合わせていないが
    ニュートリノ、カミオカンデなどの言葉に興味をそそられ、購入。


    理系と文系を比較してみたり、
    いろいろな面白いテーマを取り上げているが
    が、しかし。
    ・立派な問題提起をしているが独自の見解が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています