ナンバー2の日本史

ナンバー2の日本史

作者名 :
通常価格 1,210円 (1,100円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

作品内容

※本書はリフロー型の電子書籍です。ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

【主役を操る「名より実」の脇役】

名脇役こそ主役
日本史を概観すると、求められる組織・政治機構の形は時代ごとに違う。
新しいものがつくられていく創業の時代や、動乱や変革が続く混乱の時代は、強力なナンバーワンのもとに権限が集中している方が政治は安定する。
一方、社会が安定してくると、強いナンバーワンは各所に軋轢を生み、また憎悪・敵視の対象にもなりがちだ。
では、安定した時代に求められる組織・政治機構は、何が正解なのか。
トップ、つまりナンバーワンは強力な権威を持つけれども自ら政治をせず、実際に政治を行うのはナンバーワンから委任を受けたナンバー2、このシステムである。
古代における摂政・関白、鎌倉幕府の執権、室町幕府の管領、江戸幕府の大老・老中などがこれにあたる。
「虎の威を借る狐」と罵られることもあるが、強いナンバーワンが憎悪・敵視を一身に浴びることを思えば、ナンバー2のほうが軋轢も少なく、遙かに政治がしやすい。
もちろん、よいことばかりではない。多くのナンバー2はナンバーワンに比べて権力基盤が弱く、ナンバーワンからの信頼を失ったり、トップが交代・衰退したり、ナンバー2の座を狙うライバルの存在もあり、その地位は危うい。
平安時代における藤原氏や、鎌倉時代における北条氏のようにナンバー2の地位を独占した一族もいるが、その実態は一族内部の内紛・暗闘が熾烈であり、ナンバー2の立場が形骸化して「ナンバー2の右腕」が実権を独占する時代もあった。
それでも、多くのナンバー2がナンバーワンを支えてきた。
存在したかどうかさえあやふやな人、一瞬の活躍で終わった人……長年にわたって低評価ながら近年では別の見方をされる人もいる。
彼らがどのような社会事情や政治情勢の中でナンバー2となり、どんな業績を残したのだろうか。
ナンバー2はけっして影の存在ではない。

〈本書の内容〉
■第一章 大王・天皇の補佐役
卑弥呼の弟/神功皇后/武内宿禰/聖徳太子/蘇我馬子/藤原鎌足/長屋王/橘諸兄/藤原仲麻呂/道鏡 ほか
■第二章 摂関政治と院政期のナンバー2
藤原百川/藤原良房/藤原基経/菅原道真/藤原時平/藤原道長/藤原頼道/院政の始まりと藤原摂関家 ほか
■第三章 鎌倉幕府は執権のものか
北条時政/北条義時/北条泰時/北条経時/北条時頼/北条時宗/北条貞時 ほか
■第四章 室町幕府、持ち回りの管領
足利直義/高師直/三管領家/細川勝元/伊勢貞宗/細川政元/大内義興/三好長慶/織田信長 ほか
■間 章 戦国大名とナンバー2
武田信繁/豊臣秀長/朝倉宗滴/片倉景綱/島左近/直江兼続/鍋島直茂/太原雪斎/石田三成 ほか
■第五章 巨大官僚組織・江戸幕府の舵を取った幕閣
本多正純と土井利勝/松平信綱/徳川光圀/保科正之/柳沢吉保/新井白石/大岡忠相/田沼意次/松平定信/水野忠邦 ほか

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
エムディエヌコーポレーション
電子版発売日
2022年04月08日
紙の本の発売
2022年04月
サイズ(目安)
4MB

ナンバー2の日本史 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年06月21日

    或いは古代から近世までの、日本の通史が判るような一冊に巧く纏まっているのかもしれない。
    色々な観方が在るのかもしれないが、古くから“政権”の中枢には「天皇」とか「将軍」というような「トップ」が据えられる。その他方で、時代毎に様子も変わりながら「トップを補佐する」という名目で色々と実権を振るった、また...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング