死神の初恋~没落華族の令嬢は愛を知らない死神に嫁ぐ~【単話】 6
  • NEW

死神の初恋~没落華族の令嬢は愛を知らない死神に嫁ぐ~【単話】 6

作者名 :
通常価格 114円 (104円+税)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

没落華族令嬢が生贄として嫁いだ先。
それは愛を知らず、人を嫌う死神だった――

帝都・小石川で紡績業を営む新華族・三条家のもとで働く千鶴は、もともとは華族として三条家よりも立場が上だったことから、日々嫌みや蔑みの言葉を投げつけられていた。

そんな中、街では病が流行り、次々と人々が“ある言葉”を残し、亡くなっていた。
「枕元に死神が立った――」
病を流行らせ人々を死へと導く死神の怒りを鎮めるため、千鶴は「生贄の花嫁」に選ばれるが…

没落令嬢と死神。孤独な二人の明治浪漫譚。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
やわらかスピリッツ
シリーズ
死神の初恋シリーズ
電子版発売日
2021年11月19日
サイズ(目安)
22MB

いまだけ1冊無料

新刊オート購入

書店員のおすすめ

「お前を殺める前に一つだけ願いを叶えてやろう。」
千鶴が死神に願った最期の願いとは…?

本作のヒロイン・千鶴は没落令嬢で、現在は使用人として三条家でひどい仕打ちを受けながら日々奉仕していました。
そんなある日、町で流行っている疫病を鎮めるために千鶴は「死神の花嫁」として身を捧げて欲しいと請われます。
死神の「花嫁」と聞くと聞こえは良いですが、要は疫病を鎮めるための代償、生贄です。
家族がバラバラになり、使用人としても酷い扱いを受け、挙句の果てには死神に嫁がされる…。
なんとも不遇な扱いを受けてきた千鶴と、周囲から恐れられている死神。
決して幸せとは言えない環境下にいる似た者同士の2人ですが、どのような関係性を築いていくのでしょうか。

なんて不幸なヒロインのお話なんだ、と思う方もいるかもしれませんが、本作は読み進めるごとにヒロインや死神、その周りの登場人物たちの優しさが見えてくる、温かい作品なのです。
死ぬ前に願いを1つ叶えてやる、との死神の質問に対する千鶴の返答も、必見です。

良い意味で予想を裏切る展開ですので、ぜひ皆様におすすめしたい作品です!

死神の初恋~没落華族の令嬢は愛を知らない死神に嫁ぐ~【単話】 6 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    面白い

    ゆみこりん 2021年12月01日

    死神とついていたから、若干ホラーぽいのかな?とおもっていたけど、ほのぼのキュンキュンする本でした。
    次回の配信が楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    早く続きが読みたいです!

    たこ 2021年11月28日

    続きが気になって一気に読んじゃいました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ほのぼの

    ツバメ 2021年11月26日

    今巻はこどもの辛いけれど成長もするちょっと涙ぐみそうな回でした。死神とヒロインとの絆も深まったほのぼのさは前の巻に引き続いていて癒されました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    涙がボロボロと…

    しおこ 2021年11月26日

    心が洗われたように涙が出ました。
    私も子供を今以上に幸せにしたい

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    千鶴、、

    こゆき 2021年11月23日

    千鶴が良い人過ぎて心が洗われる、、、
    そりゃ八雲さんだって好きになるでしょうよ、、私だって千鶴の事好きになったし
    でも人間と死神、幸せになれるのかな?
    早く続きが読みたい

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    心が切なくなる

    けい 2021年11月22日

    死神様に人を想う心が芽生え始めて、読んでんいると心が切なくなってきます

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    素敵

    たま 2021年11月20日

    八雲様がカッコイイ。神様なのに人間の気持ちをわかろうとしているところが素敵。何があっても子供を捨てたらダメでしょ。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    今回すごく心に響く話

    YUIぼん 2021年11月19日

    八雲と千鶴の2人のやりとりも、死期をむかえた一之介の母の気持ちも一之介の気持ちも
    色々考えさせられて、描写も綺麗で引きこまれました

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    いちのすけくんよかったね

    かにちゃん 2021年11月19日

    最期にお母さんに抱きしめてもらえてよかった。側にいて、愛してくれる人がいて、よかった。
    八雲さんがめちゃくちゃ優しくてイケメン。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ボロ泣きしました

    普段は恋愛もの読まない人 2021年11月19日

    基本恋愛ものは読まないのですが、何故か「死神」「初恋」のワードに惹かれいつの間にか6話まで課金…。ボロ泣きでした。続きも早く読みたくなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

死神の初恋~没落華族の令嬢は愛を知らない死神に嫁ぐ~【単話】 のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 死神の初恋~没落華族の令嬢は愛を知らない死神に嫁ぐ~【単話】 1
    没落華族令嬢が生贄として嫁いだ先。 それは愛を知らず、人を嫌う死神だった―― 帝都・小石川で紡績業を営む新華族・三条家のもとで働く千鶴は、もともとは華族として三条家よりも立場が上だったことから、日々嫌みや蔑みの言葉を投げつけられていた。 そんな中、街では病が流行り、次々と人々が“ある言葉”を残し、亡くなっていた。 「枕元に死神が立った――」 病を流行らせ人々を死へと導く死神の怒りを鎮めるため、千鶴は「生贄の花嫁」に選ばれるが… 没落令嬢と死神。孤独な二人の明治浪漫譚。
  • 死神の初恋~没落華族の令嬢は愛を知らない死神に嫁ぐ~【単話】 2
    没落華族令嬢が生贄として嫁いだ先。 それは愛を知らず、人を嫌う死神だった―― 帝都・小石川で紡績業を営む新華族・三条家のもとで働く千鶴は、もともとは華族として三条家よりも立場が上だったことから、日々嫌みや蔑みの言葉を投げつけられていた。 そんな中、街では病が流行り、次々と人々が“ある言葉”を残し、亡くなっていた。 「枕元に死神が立った――」 病を流行らせ人々を死へと導く死神の怒りを鎮めるため、千鶴は「生贄の花嫁」に選ばれるが… 没落令嬢と死神。孤独な二人の明治浪漫譚。
  • 死神の初恋~没落華族の令嬢は愛を知らない死神に嫁ぐ~【単話】 3
    没落華族令嬢が生贄として嫁いだ先。 それは愛を知らず、人を嫌う死神だった―― 帝都・小石川で紡績業を営む新華族・三条家のもとで働く千鶴は、もともとは華族として三条家よりも立場が上だったことから、日々嫌みや蔑みの言葉を投げつけられていた。 そんな中、街では病が流行り、次々と人々が“ある言葉”を残し、亡くなっていた。 「枕元に死神が立った――」 病を流行らせ人々を死へと導く死神の怒りを鎮めるため、千鶴は「生贄の花嫁」に選ばれるが… 没落令嬢と死神。孤独な二人の明治浪漫譚。
  • 死神の初恋~没落華族の令嬢は愛を知らない死神に嫁ぐ~【単話】 4
    没落華族令嬢が生贄として嫁いだ先。 それは愛を知らず、人を嫌う死神だった―― 帝都・小石川で紡績業を営む新華族・三条家のもとで働く千鶴は、もともとは華族として三条家よりも立場が上だったことから、日々嫌みや蔑みの言葉を投げつけられていた。 そんな中、街では病が流行り、次々と人々が“ある言葉”を残し、亡くなっていた。 「枕元に死神が立った――」 病を流行らせ人々を死へと導く死神の怒りを鎮めるため、千鶴は「生贄の花嫁」に選ばれるが… 没落令嬢と死神。孤独な二人の明治浪漫譚。
  • 死神の初恋~没落華族の令嬢は愛を知らない死神に嫁ぐ~【単話】 5
    続巻入荷
    没落華族令嬢が生贄として嫁いだ先。 それは愛を知らず、人を嫌う死神だった―― 帝都・小石川で紡績業を営む新華族・三条家のもとで働く千鶴は、もともとは華族として三条家よりも立場が上だったことから、日々嫌みや蔑みの言葉を投げつけられていた。 そんな中、街では病が流行り、次々と人々が“ある言葉”を残し、亡くなっていた。 「枕元に死神が立った――」 病を流行らせ人々を死へと導く死神の怒りを鎮めるため、千鶴は「生贄の花嫁」に選ばれるが… 没落令嬢と死神。孤独な二人の明治浪漫譚。
  • 死神の初恋~没落華族の令嬢は愛を知らない死神に嫁ぐ~【単話】 6
    続巻入荷
    没落華族令嬢が生贄として嫁いだ先。 それは愛を知らず、人を嫌う死神だった―― 帝都・小石川で紡績業を営む新華族・三条家のもとで働く千鶴は、もともとは華族として三条家よりも立場が上だったことから、日々嫌みや蔑みの言葉を投げつけられていた。 そんな中、街では病が流行り、次々と人々が“ある言葉”を残し、亡くなっていた。 「枕元に死神が立った――」 病を流行らせ人々を死へと導く死神の怒りを鎮めるため、千鶴は「生贄の花嫁」に選ばれるが… 没落令嬢と死神。孤独な二人の明治浪漫譚。
  • 死神の初恋~没落華族の令嬢は愛を知らない死神に嫁ぐ~【単話】 7
    続巻入荷
    没落華族令嬢が生贄として嫁いだ先。 それは愛を知らず、人を嫌う死神だった―― 帝都・小石川で紡績業を営む新華族・三条家のもとで働く千鶴は、もともとは華族として三条家よりも立場が上だったことから、日々嫌みや蔑みの言葉を投げつけられていた。 そんな中、街では病が流行り、次々と人々が“ある言葉”を残し、亡くなっていた。 「枕元に死神が立った――」 病を流行らせ人々を死へと導く死神の怒りを鎮めるため、千鶴は「生贄の花嫁」に選ばれるが… 没落令嬢と死神。孤独な二人の明治浪漫譚。

死神の初恋~没落華族の令嬢は愛を知らない死神に嫁ぐ~【単話】 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

やわらかスピリッツ の最新刊

無料で読める 女性マンガ

女性マンガ ランキング