ロッキード疑獄 角栄ヲ葬リ巨悪ヲ逃ス

ロッキード疑獄 角栄ヲ葬リ巨悪ヲ逃ス

作者名 :
通常価格 2,640円 (2,400円+税)
獲得ポイント

13pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

「われわれがそれ(角栄潰し)をやった」。K長官が漏らした真意とは!?
「自主外交」で角栄はアメリカに潰された。
国際ジャーナリストが15年に及ぶ取材で掴んだ、数多くの決定的新事実!!

田中角栄はなぜ逮捕されたのか? その理由は「角栄の外交」に隠されていた。
アメリカは「日中国交正常化」などの「角栄の外交」をひどく嫌っていたのだ。
その後発覚した、戦後最悪の国際的疑獄となったロッキード事件。そこでアメリカ政府高官は、密かに角栄の訴追を可能にする「ある細工」をした。
外交の対立も、角栄訴追に関わる秘密も、米機密文書には記されていたが、日米の根幹に絡む『巨悪』の深い闇は文書が公開されず、解明されなかった。

本書は「陰謀説」の真偽を徹底検証し、初めて証拠を挙げて解明する!
ロッキード事件の全容は、上記のように長らく解明されてこなかった。
結果、数多くの陰謀説が流布する事となる。「誤配説」、「ニクソンの陰謀」、「三木の陰謀」、「資源外交説」、「Kの陰謀」……。
米国立公文書館、ニクソン・フォード各大統領図書館、CIA、日本側資料、日米関係者らを取材・調査。
インテリジェンスの機微を知り尽くした国際ジャーナリストが15年に及ぶ取材から、初めて真の「巨悪」の正体を描き、巨悪の訴追が阻まれた理由に迫る!!
なぜ、首相の犯罪は繰り返されるのか? その構造までが浮かび上がる巨弾ノンフィクション――。

【目次】
まえがき
第一部 追い詰められる角栄
第二部 なぜ田中を葬ったのか
第三部 巨悪の正体
あとがき
ロッキード事件年表
主要参考文献一覧

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2020年10月30日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
4MB

ロッキード疑獄 角栄ヲ葬リ巨悪ヲ逃ス のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月24日

    日本昭和史の中で、大きな事件となったロッキード事件の調査記録。客観的な事実、記録を踏まえて、真実に迫っているため、説得力を感じた。地道な調査に基づくアプローチの仕方に共感した。
    巨悪と評した内容までは容易に迫る事ができなかったが、巨悪の輪郭を伝えてくれたおかげで、曖昧だった近現代の歴史を、流れと全体...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月20日

    面白くよんだ。読みやすい構成と思う。キッシンジャーの陰謀から児玉ルートへと話は白熱していく。あの頃の時代がよみがえる。巨悪によって現代日本が形作られているわけだな。角栄は巨悪でもなく、単に利権にまみれて葬られてしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月13日

    『ロッキード疑獄』を中心に据えた戦後日本とアメリカの政治の裏舞台を見事に調べ上げた作品。

    “ロッキード疑獄”をその事件に閉じて書かれたものではなく、その背景となるあの時代のアメリカ、日本、そして冷戦体制下で見据えたアメリカの姿が描かれている。
     それは、自由、民主主義を表面にかざしてわれわれ戦後日...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月13日

    キッシンジャーによる謀略によって角栄は葬られたが、日米安保に関わる戦争犯罪容疑者であり、逆コースの中で釈放され、CIAと共に今の日本を作った”愛国者”である児玉誉士夫、岸、中曽根=巨悪に迫れなかったその顛末に迫る。

    日商岩井や丸紅など、商社もその責任は重い。最近は兵器を扱ったフェアをやったりでまた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月07日

    キッシンジャーによる選別で、児玉ルートの先は隠蔽され、田中は切り捨てられた。
    面白いストーリーではあるが、田中をそこまで追い落とす理由が、やや説得力に欠けるように感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています