真珠湾と原爆 日米戦争を望んだのは誰か ルーズベルトとスチムソン

真珠湾と原爆 日米戦争を望んだのは誰か ルーズベルトとスチムソン

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

戦後75年間隠されてきた歴史の真実戦争を煽り真珠湾攻撃を待ち焦がれていたルーズベルト。広島原爆投下に固執したスチムソンは非情な軍国主義者だった

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
ワック
電子版発売日
2020年08月21日
紙の本の発売
2020年08月
サイズ(目安)
10MB

真珠湾と原爆 日米戦争を望んだのは誰か ルーズベルトとスチムソン のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月16日

    筆者が一貫して主張している、ルーズベルトの考察が下地になっている。ただし本書の主役はスチムソンで、彼が対日政策に果たした役割に焦点を当てて駆け足で原爆投下までを追った内容。
    正直筆者の本にしてはかなりあっさりしている、という印象。
    言ってしまえば、過去の著作からのダイジェスト版的な感じ。
    だからこの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています