言論抑圧 矢内原事件の構図

言論抑圧 矢内原事件の構図

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

言論はどのように封じ込められてしまうのか?

1937年、東京帝国大学教授の矢内原忠雄は、論文「国家の理想」が引き金となり、職を辞した。日中戦争勃発直後に起きたこの矢内原事件は、言論や思想が弾圧された時代の一コマとして名高い。本書は、出版界の状況や大学の内部抗争、政治の圧力といった複雑な構図をマイクロヒストリーの手法で読み解き、その実態を抉り出す。そこからは愛国心や学問の自由など、現代に通じる思想的な課題が浮かび上がる。

【目次】
序章 矢内原事件とマイクロヒストリー
第一章 言論人としての矢内原忠雄
1 戦前・戦中の活動と生活
2 政府批判とその真意
第二章 出版界と言論抑圧
1 舞台となった総合雑誌
2 政府当局の介入
3 非難キャンペーンと蓑田胸喜
4 周辺への捜査
第三章 東京帝国大学経済学部をめぐる抗争
1 揺れる経済学部
2 教授会前後の駆け引き
3 東京帝大総長の日記
第四章 辞職の日
1 情勢急転
2 大学の自治と政治の圧力
第五章 事件の波紋
1 知識人やメディアの受け止め方
2 矢内原事件が意味したもの
終章 矢内原事件に見る思想的諸問題
1 ふたつの愛国心
2 学問の自由と大学の自治
3 言論抑圧をどう捉えるか
あとがき
復刊にあたってのあとがき
主要参考文献
矢内原事件関連年表

【著者】
将基面貴巳
1967年神奈川県横浜市生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。シェフィールド大学大学院歴史学博士課程修了(Ph.D.) 。研究領域は政治思想史。現在はオタゴ大学人文学部歴史学教授。英国王立歴史学会フェロー。『ヨーロッパ政治思想の誕生』(名古屋大学出版会2013年)で第35回サントリー学芸賞受賞。著作に『政治診断学への招待』(講談社選書メチエ2006年)、『反「暴君」の思想史』(平凡社新書2002年)がある。最新刊は『日本国民のための愛国の教科書』(百万年書房)、『愛国の構造』(岩波書店)。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
ボイジャー・プレス
電子版発売日
2019年07月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

言論抑圧 矢内原事件の構図 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています