善の焔 風烈廻り与力・青柳剣一郎

善の焔 風烈廻り与力・青柳剣一郎

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

強風吹き荒れる大伝馬町で、火の手が上がった。青柳剣一郎たち風烈廻りの働きで小火に済むが、数日後、今度は通旅籠町で付け火未遂が起きる。しかも、犯人を目撃した男が刺された。当夜の風向きからすると、狙いは牢屋敷の解き放ちか!? 死罪で入牢中の5人と関係の深い者を探る剣一郎。やがて、事件の真相が人の心に棲む“善と悪の奥深さ”にあると気付くが…。

ジャンル
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
祥伝社文庫
電子版発売日
2018年11月02日
紙の本の発売
2015年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

善の焔 風烈廻り与力・青柳剣一郎 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月19日

    今回の話は、人の善の面と悪の面を主題にしている。
    強風の多い頃、付け火の未遂事件が2回続く。
    牢の解き放ちを目的の付け火か?と捜査が始まる。

    事件に関係のある何人かの捜査内容をもう一度さらうことに。
    そんなとき、長屋で錺職人が中風で身動きができず、弟弟子にどやされ、惨めにしていた。
    そんな男のお供...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月22日

    第三十二弾
    この世にある善意と悪意は?
    中風を患った男を通して、行きつく悟り?
    例によって背後にある事件の解決も
    ここでは本当の悪は出てこない?

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています