焔の眼 1巻
  • 完結

焔の眼 1巻

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

1945年、敗戦国、日本。異国の植民地となったこの国において、日本人は奴隷のような生活を強いられていた。死と隣り合わせの日常の中、売春宿の下女として働く少女は出会う、神をも恐れぬ戦慄の拳に……!! 暗黒の日本を生き抜く屍山血河のバイオレンスファンタジー、ここに開幕!!
代表作、『でろでろ』全16巻、『ゆうやみ特攻隊』1~8巻、『ツバキ』1巻(講談社)、『ピコピコ少年』『ピコピコ少年TURBO』(太田出版)、『おどろ町モノノケ録』1巻(アスキー・メディアワークス)、『サユリ』全2巻(幻冬舎)、『ミスミソウ』全3巻(ぶんか社)他多数。

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
漫画アクション
ページ数
202ページ
電子版発売日
2013年04月05日
コンテンツ形式
EPUB

「焔の眼 1巻」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年03月16日

敗戦した日本の陰鬱としたドロドロした描写が続く。
押切氏の作品は、観る人を選ぶ作品かと。
胸糞悪くなる絶望だが、痛快すぎる希望がグイグイ作品に引き込まれてしまう。
『ツバキ』でもそうだけど、押切さんの描く女の子の眼は力強い。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年06月17日

ゆうやみ特攻隊よりも更に無敵の暴力を楽しめる作品。
第一話を読む感じクロは1951年には既にこの世にいないんだろうか。
ショルゴールの最高司令官も見た目だけですでに非常にいいキャラしてるしこれからが楽しみすぎる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月03日

殺意のなんちゃら的なサムシングに目覚めた格闘家と可哀想な女の子の話。
押切センセイにしては珍しくわかりやすいヒーローを出してきたなあ

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月17日

歪みきった暴力と、真っ直ぐすぎる暴力が同居してる漫画
元々、濃い目の絵柄に加えて、流血表現がかなりエグいので、好き嫌いがハッキリ分かれそうではある
しかし、読み終えてみて、胸がスカッとしているのも事実
次巻、どれほどキツい内容になっているのか、怖いの半分楽しみ半分

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月09日

絶望しかない世界で、生命力の塊のような男が剛拳をふるう! 作者の様々な過去作の変奏曲であり返歌であるといった趣。『ハイスコアガール』の分はほら、豪鬼が。

このレビューは参考になりましたか?

書店員のおすすめ

「このマンガがすごい!2013」オトコ編で第2位に輝いた『ハイスコアガール』の押切蓮介先生の最新作が配信開始です!!
『焔の眼』は日本が戦争に負け、戦勝国ショルゴールに隷従していく中で、圧倒的な強さを誇るクロと、クロと出会った少女が生き抜いていく物語。
フィクションと分かりながらも、ショルゴール人による日本人へのあまりに残酷なシーンには、過去の歴史で人間が犯してきた過ちもフラッシュバックしてしまいました。しかし、そんな冷徹で残酷なシーンの積み重ねで陰鬱な気持ちになりそうな所にやってくるクロと少女の迫力が『焔の眼』の一番の見所!!
戦闘シーンは決して爽快ではないし、格好良くもないけれど、とにかくスゲーので読んでください。「息を呑む」とはこのことです。今後の展開にも期待大!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,482

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!