医療が日本の主力商品となる

医療が日本の主力商品となる

作者名 :
通常価格 864円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本には「医は仁術」という道徳観念があるが、医師がいくら誠実にやる気を出してみても、最新の医療設備、治験制度やITインフラで遅れをとってしまっては、国内外の富裕層は、韓国やシンガポールなどの医療先進国で治療を受けるようになるだろう。
国民皆保険制度という手厚い医療制度がある日本が、適切かつ競争力のある医療産業を実現するためには、経営力が必要となり、マネジメントの手法が確立されなければならない。
本書は、日本における医療と経済の合流点を見据え、医療は産業であり、商品であるという視点から、新たな成長戦略に道を探る。
また、そのためには、医療側だけでなく個々人に何ができるのかも考察していく。

ジャンル
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
掲載誌・レーベル
ディスカヴァー携書
ページ数
264ページ
電子版発売日
2013年02月22日
コンテンツ形式
XMDF

関連タグ:

「医療が日本の主力商品となる」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年05月26日

諸外国の制度や状況を元に、今後の日本における医療制度・医療産業について考察されている。やや医師側に寄った目線であることは否めないが、比較的中立的な視点で書かれている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月31日

■日本医療

A.日本の医療制度は世界的に優れたものであったし、それは多くの医療者の献身的な努力によって、世界最高水準を維持してきたものだ。
しかしこれが、今後も精神論にのみ支えられているものではあってはいけない。

B.日本の医療制度は、世界に誇る国民保険制度によって、患者が自己負担の金額を意識し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「医療が日本の主力商品となる」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,491

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!