精神論ぬきの電力入門

精神論ぬきの電力入門

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

震災後、国民的関心事となった電力問題。しかし議論がこじれる一方なのは、「理想」と「現実」が混同されているからではないか。再生可能エネルギーの将来性は楽観できないし、電力自由化や発送電分離がユーザーのメリットになるとは限らない。さらに世界の資源争奪戦は熾烈を極める一方だ。現実的で妥当な選択肢はどこにあるのか。電力問題のウラオモテを知り尽くした元政策担当者が客観的データをもとに徹底解説する。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
207ページ
電子版発売日
2013年02月15日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
8MB

精神論ぬきの電力入門 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年11月01日

    震災後の感情論に振り回され、国家の骨組みをなす重要なエネルギー政策が、いかに本質的な議論ができていなかったか、そして、その危うさを感じた。
    かなり前に出版された本であるが、当時耳障りよく喧伝されていたことが、実はどういうものであって、エネルギー政策上どのような視点が欠けていたのかが分かり勉強になる。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月04日

    原発廃止と声高に叫ぶのは簡単だが、ことはそううまくいかないということがよくわかる
    再生可能エネルギーも不安定さ、コストの高さ、日本の国土という立地条件の悪さなどなど様々な問題があって、とてもじゃないがメイン電源には出来ない
    かといって火力発電は地球温暖化の問題もある上に、政治的な話で輸送がストップす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月13日

    先日お会いした澤さんの本。8月以前に書かれているので、最近のゼロシナリオにはフィットしていないのだが、それでも電力をとりまく日本の状況についてわかりやすく書かれている。反対派が主張する「命をまもれ」というスローガンは抽象的すぎるというあたりがメディアには載せられない表現なので面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月10日

    元通産省の著者が、電力問題を論じる。
    全体的に原発事故を踏まえての論調。

    原発、再生可能エネルギー推進賛成反対問わず、「命を守る」「既得権益へのNO」などといった、曖昧な論点ではなく、根拠、理論を述べるべきだというのは納得。
    同時に、世論がいかに昔から日和見的な意見しか持っていないかも実感した。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月25日

    領土問題が燃焼中で最近やや下火な気がしないでもない脱原発運動・・・
    でも国民の意思は2030年代に原発ゼロなのだとか・・・
    7割だっけ?
    もちろんタダで・・・
    何の制約も無く、何の負担も無くゼロに出来るのであれば、そりゃ誰だって原発ゼロを希望すると思います・・・
    でもさでもさ・・・
    原発...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月08日

     法的な根拠もないまま原発を止め続け、毎年3兆円もの国富を垂れ流している日本。反原発派は、原発をゼロにすることだけが至上命題なようですが、今後のエネルギー政策について何か考えとかあるんですかね。放射能が原因で死んだ人は一人もいないのに、このまま原発を止め続ける理由が分からない。リスクを考えるんだった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月26日

    本書の内容は、3.11以前のエネルギー事情のベース。いわば常識。これを前提に日本のエネルギー政策は遂行されてきた。
    3.11以降もこの常識は正論となりうるか。私は現在でもこれが正論であると思う。
    極論はびこるエネルギー論が多々あるが、議論する際は、本書の内容を前提としなければならない。
    果たして、多...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月31日

    いやほんと、まったくの正論だと思うんだけど、ではなぜ今の日本でこういった議論ができないんだろうなあとちょっと悲しくもなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月04日

    電力について、感情論を排し、現状を知り、問題点をきちんと把握したうえで、地に足の着いた冷静な議論を進め、現実的かつ具体的な構想を導くことが必要という著者の問題意識はもっともだし、電力問題では「多様化」が重要というメッセージはよく理解できるのだが、著者の議論にはやはり、原発ありき、再生可能エネルギーの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月09日

     FB友達のどなたかが推薦していたので、読んでみた。

     まじめに電力事情を分析していて好感が持てる。

     彼の提案する政策スキーム。

    (1)東日本と西日本にわけて大規模卸売り電気会社をつくる。

    (2)小売りは自由化する。

    (3)原発は、国と民間出資の会社がまとめて所有し管理する。

    (4)電...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮新書 の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング

澤昭裕 のこれもおすすめ