さくらの唄(下)
  • 完結
  • 最新刊

さくらの唄(下)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

映画作りを通して真理との距離を縮めていく一方、おじ・金春(こんぱる)の差し金で、いやおうなく大人達の欲望の渦にひきずりこまれていく利彦(としひこ)。そして、晴れの舞台になるはずであった文化祭…映画上映の場で、想像を絶する破局(カタストロフィ)が訪れる……!! 魂に焼きつく永遠の青春! '90年代を代表する爆弾作品、ここに完結。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ヤングマガジン
電子版発売日
2011年04月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
160MB

さくらの唄(下) のユーザーレビュー

    購入済み

    (匿名) 2020年04月02日

    上巻のどこか陰鬱だけど、まずまず平和な日常からの下巻の怒涛の展開。
    特に文化祭のあの場面。
    漫画史上、フィクショナルなキャラクターの羞恥や焦りがこれほどまで伝わる場面が描かれたことはなかなか無いのではないでしょうか?
    私の場合、ある意味、青春時代に読まなくてよかった…のか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

     青春マンガの傑作、問題作の下巻。
    おそらく僕が今まで読んだ中で一番ページをめくるのがツラかったマンガ。
    展開は分かりきってるのに、主人公に確実に訪れるはずの災いを見届けるのがきつかった。
    でも、逆を言えばそれだけ物語に入っていたってことかな。
      ラストも素晴らしい。 ただ、ハードカバー版の下巻の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    太宰の次にバイブルになった本。お天気お姉さん書いた人。昔はこんなどす黒くて青いテーマもあったんです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年08月14日

    【上巻感想の続き】
     地上げ屋とヤクザがどうしたとか、その被害者が亡くなったとか、
     なるほどバブル期に発表された作品なのだなぁ、なんて、
     どうでもいい部分で頷いちゃったりして。
     それにしても、純真な少年(←エロ妄想激しいけど)が一生懸命になればなるほど、
     彼をいたぶるようにエスカレートするオ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年08月05日

    あらすじ
    文化祭を間近に控えたころ,今春は市ノ瀬を自分の後継者とするために策略をめぐらしはじめる。市ノ瀬は美大への進学の希望を今春に伝えるが,今春の金と権力に抗えずに流されてしまう。文化祭で上映する映画「さくらの唄」が完成し,文化祭当日を迎える。

    第18話「絵描きの子」から第28話「最終回」までを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

さくらの唄 のシリーズ作品 全2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • さくらの唄(上)
    完結
    660円(税込)
    鬱屈(うっくつ)した日々を送っていた高校生・市ノ瀬利彦(いちのせ・としひこ)は、絵画を通し、学校のマドンナ・仲村真理(なかむら・まり)と親しくなる。彼女主演の映画を作り、文化祭で上映するべく、級友達と活動を始める利彦。真理という明るい太陽に照らされて、利彦の青春はようやく煌(きらめ)き出す…はずだった。'90年代、日本中の青少年の脳髄を揺さぶった、青春漫画の金字塔!!
  • さくらの唄(下)
    完結
    660円(税込)
    映画作りを通して真理との距離を縮めていく一方、おじ・金春(こんぱる)の差し金で、いやおうなく大人達の欲望の渦にひきずりこまれていく利彦(としひこ)。そして、晴れの舞台になるはずであった文化祭…映画上映の場で、想像を絶する破局(カタストロフィ)が訪れる……!! 魂に焼きつく永遠の青春! '90年代を代表する爆弾作品、ここに完結。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています