十津川警部 謎と裏切りの東海道 徳川家康を殺した男

十津川警部 謎と裏切りの東海道 徳川家康を殺した男

作者名 :
通常価格 523円 (476円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

同郷の偉人として徳川家康への敬慕を公言し、生まれ故郷の静岡に多額の寄付を絶やさず名誉市民にもなっていた警備保障会社の社長・松永。その彼に脅迫状が届き、襲われた。思わず「暴漢」を殺してしまったという彼の正当防衛の主張に、十津川警部は不審を覚える。松永が隠していた「過去の貌(かお)」。そこに、事件を解く鍵があった──。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
245ページ
電子版発売日
2013年02月01日
紙の本の発売
2012年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

十津川警部 謎と裏切りの東海道 徳川家康を殺した男 のユーザーレビュー

    Posted by 読むコレ 2013年02月07日

    静岡には何度も行ったことがありますが、あまり知らないことがあり過ぎてびっくりしました。また行きたいと思える作品です。行った事がない人でも、推理しながら街歩きが出来ますよ。
    徳川家康の歴史に触れられるトラベルミステリーです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月31日

    警備会社の社長が殺された。
    社長は同郷の偉人として名高い「徳川家康」への敬慕を公言し故郷静岡に多額の寄付をしていた。
    その社長が脅迫状の後、襲われた。思わず殺してしまったこ言っている犯人?が正当防衛を主張しているが果たして本当なのか・・・

    ただ、この犯人には先祖クラスの過去があったわけですが・・・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています