陀吉尼の紡ぐ糸 探偵・朱雀十五の事件簿1
  • 値引き

陀吉尼の紡ぐ糸 探偵・朱雀十五の事件簿1

作者名 :
値引き価格 559円 (税込) 5月30日まで
通常価格 799円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

昭和9年、浅草。神隠しの因縁まつわる「触れずの銀杏」の下で発見された男の死体。だがその直後、死体が消えてしまう。神隠しか、それとも……? 一方、取材で吉原を訪れた新聞記者の柏木は、自衛組織の頭を務める盲目の青年・朱雀十五と出会う。女と見紛う美貌のエリートだが慇懃無礼な毒舌家の朱雀に振り回される柏木。だが朱雀はやがて、事件に隠された奇怪な真相を鮮やかに解き明かしていく。朱雀十五シリーズ、ついに開幕!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
電子版発売日
2013年02月08日
コンテンツ形式
EPUB

「陀吉尼の紡ぐ糸 探偵・朱雀十五...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年08月13日

兎に角作中に練りこまれた知識量が凄い作品。
作者は元フリーの風水師らしいが、民族学か歴史の博士号でも持っているのではないかと思うくらい。

しかし道行く男達の二人に一人からいやらしい目線をおくられるとか朱雀の容貌の女っぽさってどんだけ。まさか彼は男として育てられた半陰陽とかではないよな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月10日

太平洋戦争直前の日本を舞台にした探偵モノ。ミステリ要素よりもホラー要素の方が目立つ。キャラクタの名前や性格もどこかで見た事のある様な感じ。ページ数も無駄に長い。男キャラクタの書き方もいかにも女の作家が書いた男といった印象を受ける。でも色々な意味で他には無いものを持った作品だと思う。ただ表紙のイラスト...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月23日

朱雀十五のキャラクターが実に良い。戦前でちょっと不気味な事件を解決するのですが、神隠し。本当に朱雀は目が見えていないのだろうか?次巻が物凄く楽しみだけど朱雀出るの遅いよっ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年02月21日

けっこう複雑なので相関図を作ってようやく理解できました。
3世代に渡っての藤原家と一条家の因果の謎を探るお話。
主人公の柏木はよく言えば正義感が強いまっすぐな人、悪く言えば精神的に弱い上に偽善ぶった言動が若干イラっとします。
最後の方でかなり落ち込んでたからまぁよしとします(笑)
一生反省してればい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月30日

怪奇な雰囲気をじっくりと味わいながら読んだ。
ぎりぎりまで謎を引っ張っておいた後の最後の種明かしは見事だが、偶然な出会いや行動で片付けてしまう部分もあって、そこの部分が少し消化不良となって残っているかな?

この小説、最初、こてこての薀蓄の塊で読みづらかったらどうしようかと覚悟していたが、読みやすか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「探偵・朱雀十五の事件簿シリーズ」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,491

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!