鉄で海がよみがえる

鉄で海がよみがえる

作者名 :
通常価格 544円 (495円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

“鉄炭ダンゴ”でメバルや海藻が劇的に増えた! 磯焼けで荒れ果てた海も、鉄の力で生命力溢れる海の森へと生まれ変わる。海洋の豊かな森はCO2を固定化し、地球温暖化対策の切り札となる可能性をも秘めている。世界的な海洋学者ジョン・マーチンの鉄仮説を、新たな視点で検証し、実践した異色の本。震災後、大注目を集める著者の新たなる挑戦! 「一漁師の真摯な探求心に脱帽! 生命の大循環をつかさどる鉄の話はぞくぞくするような興奮に満ちている」──養老孟司

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
183ページ
電子版発売日
2013年01月11日
紙の本の発売
2012年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

鉄で海がよみがえる のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年02月07日

    以前TVで「鉄団子」の話は見た記憶があるなぁ~と本を読んでいて思い出した。こんなにも鉄の力が偉大だったとはと思ったのと同時に、どうしてもっと普及しないのか???と不思議になった。
    河の管理、土地の管理者など管理者が複雑に絡み合っていて纏まらないということが他の本を読んでわかった。
    昔は川が境界線だっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月02日

    薄いこともあったかもしれないが、内容の面白さに往復の電車内で一気に読んでしまった。鉄分の効力とそのワイドレンジな視点にただ驚嘆し、より詳しく勉強したくなった。この技術をまったく知らなかったのが恥ずかしいくらい。もっとメジャーに報道等で取り扱ってもらいたい。関連研究者や著者の慧眼にひたすら感謝&ひれ伏...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月23日

    NHKの特集で著者を知った。震災後の気仙沼での牡蠣の養殖と、海とその源流の山へのアプローチをみて感動した。本書では山と川と海と鉄の関係が詳細に書かれている。この取り組みが広がって欲しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月17日

    地球環境について考えさせられた。
    自分の、目の前の問題を解決しようとする力で大きな流れが変わることもある。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています