ちいさこべ

ちいさこべ

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

江戸の大火ですべてを失いながら、みなしご達の面倒まで引き受けて再建に奮闘してゆく大工の若棟梁の心意気がさわやかな感動を呼ぶ表題作、藩政改革に奔走する夫のために藩からの弾圧を受けつつも、真実の人間性に目を見ひらいてゆく健気な女の生き方を描く『花筵』、人間はどこまで人間を宥しうるかの限界に真正面から挑んだ野心作『ちくしょう谷』など、中編の傑作4編を収録する。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2012年12月07日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

ちいさこべ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年06月03日

    中編の傑作4編からなる。表題作の『ちいさこべ』は江戸の大火ですべてを失いながらも、焼け出されたみなしご達の面倒まで引き受け、再建へと奮闘していく大工の棟梁とそれを取り巻く人々らのつながり、絆に感動を覚える。
     未曾有の震災から1ヶ月余り、いまだ傷跡の生々しい中にありながらも、復興・再建へと立ち向かっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月11日

    表題作「ちいさこべ」は、人と人のつながりが丁寧に描かれていて、とてもやさしい気持ちで読めた。
    一方、「ちくしょう谷」はひたすら耐える部分もある、静かな小説で、読後感はやさしい気持ちなどというものとはほど遠かった。哲学的な気持ちにさせられる、とでも言えばいいのだろうか。
    粒ぞろいの文庫でした。
    ちなみ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月30日

    皆、自分の生き方を貫くことは尊い
    ちいさこべはハッピーエンド
    山本周五郎の小説の終わり方はさっぱりで余韻を残す

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月24日

    望月峯太郎の「ちいさこべ」を読もうと思って、その前に読んでおいた方が楽しめるかと思い、原作である本書を購入。

    江戸の風俗、昔の日本人の感覚みたいなものをとてもうまく書いている。表題作のちいさこべは落語の人情話を聞いているような心地よい、古の波に体ごとゆっくりと漂いながら流されるように山本周五郎が書...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月02日

    ちいさこべ目当てで買った、が、ちいさこべ以外の3作品がそれぞれ新鮮に楽しめた。初めは文体が読みにくいと思ったが慣れると苦にならない。あとの三作品は現代とほぼ変わらぬ文体、読みやすい。時代小説にはハッピーエンドがつきものと思っていたが、こういうのもあるんだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月07日

    表題作は望月ミネタロウの漫画「ちいさこべえ」の原作。大火で両親を失った大工の若棟梁の了見・心意気がすがすがしい。この短編集ではいずれも厳しい試練に見舞われた個人が主人公であり、自我と理想への目覚めが救いとなっている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月20日

    ちいさこべ、いい話だ!強情だけど、人情味溢れる茂次が素敵。最初は茂次のわからずやっぷりにやきもきするが、一本筋が通った人はやはり格好よく見えるものだと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月29日

    中編を4編収録。

    どれも面白いけど、特に「ちいさこべ」と「ちくしょう谷」が好き。
    周五郎の作品は、人生にどう向き合うか、みたいなことが描かれていることが多いと感じ出るんだけど、
    長い作品になればなるほど、人生の重み、みたいなものが濃くなります。

    なかなかじっくり小説読む時間取りにくくて、長編作品...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月20日

    表題作「ちいさこべ」がとても良かった。
    読後の爽快感が素晴らしい、
    星4つなのは最後の作品が。。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月22日

    「ちいさこべ」大火の後、孤児を養いながら再起に奮闘する姿を描く。爽やかな読後感が得られる。「ちくしょう谷」とことん人を赦すことが可能か、少し宗教的な作品。12.8.22

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング