カラダで感じる源氏物語

カラダで感じる源氏物語

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

『源氏物語』はエロ本である。「病気好き」「ブス好き」「コンプレックス」だらけの男たち、「ストレス過多」で、「拒食症」で、その中で自己を見出していく女たち。時代背景、経済事情まで解説し、さらにオナニーにも使えると喝破する。どんなにエロティックかを暴きだす、気鋭の古典エッセイストの『源氏物語』論。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま文庫
電子版発売日
2014年01月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

    Posted by ブクログ 2011年12月07日

    『源氏物語』の身体性、五感に関する著書。
    『愛とまぐはひ古事記』が面白ろかったので、こちらも購入。

    受験生時代、面白いなーと興味はあったものの、通り過ぎてしまった『源氏物語』を読んでみる気にさせてくれた一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月18日

    高校時代に先生におススメされた本。読み返してみました。
    源氏物語はエロ本であるという衝撃的な本(まだ、あの頃は清かった)
    平安時代は怨霊と片付けられていた病気の話など、とても面白かった。
    ただこの本をよむには源氏物語を通読している必要がある。
    単語が難しいので原文は難しい方も多いだろうから、漫画など...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    与謝野晶子と円地文子の訳の物語を読んだことがある。
    少しでも概要を知ってる者には、
    このエッセイはとても面白く読めると思う。
    全く聞きかじってない者は、
    読んでみようという気になるんじゃないかな。
    私も、心新たに、
    瀬戸内寂聴の源氏物語を読みたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年03月12日

    「カラダで感じる」とあってしかも「源氏物語」となるとエロい想像をしてしまいそうですが・・・中身は全然違います。エロな話も多少はありますが、それよりもむしろ、病気ネタや経済事情について書かれているところの方が面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「カラダで感じる源氏物語」に関連する特集・キャンペーン