やりきれない日常に苛立つ高校生・有栖(アリス)良平が悪友の苅部(カルベ)や張太(チョータ)とブラつく夜、街は突然巨大な花火に包まれ、気づけば周囲の人気は消えていた。夜、ふらりと入った神社で告げられる「げぇむ」の始まり。一歩誤れば命が奪われる理不尽な難題の数々を前に、アリスの眠っていた能力が目覚め始める…「呪法解禁!!ハイド&クローサー」の麻生羽呂が全くスタイルを変えて挑む戦慄のサバイバル・サスペンス、開幕!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
週刊少年サンデー
電子版発売日
2012年12月11日
紙の本の発売
2011年04月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 今際の国のアリス(1)
    完結
    通常版 1巻 453円(税込)
    やりきれない日常に苛立つ高校生・有栖(アリス)良平が悪友の苅部(カルベ)や張太(チョータ)とブラつく夜、街は突然巨大な花火に包まれ、気づけば周囲の人気は消えていた。夜、ふらりと入った神社で告...
  • 今際の国のアリス(2)
    完結
    通常版 2巻 453円(税込)
    ここは現実の世界に生き写し、なのに「げぇむ」に勝たなければ生き残れない「今際の国」。高校生・有栖(アリス)良(りょう)平(へい)は、元の世界ではなんの役にも立たなかった力を武器に、仲間達を死...
  • 今際の国のアリス(3)
    完結
    通常版 3巻 453円(税込)
    2度の「げぇむ」を奇跡的に生き延びたアリスを待っていたのは、些細なことからの仲間割れ。亀裂の入った4人で参加した「かくれんぼ」の「るうる」には、この上なく残忍な意図が隠されていた… あなたならこ...
  • 今際の国のアリス(4)
    完結
    通常版 4巻 453円(税込)
    一人しか生き残れない「かくれんぼ」で、最も信頼する仲間たちを失ったアリス。孤独な少女・ウサギによって絶望の淵から救われた彼は、親友・カルベが言い遺した言葉に従い、謎の土地「ビーチ」を探す。そ...
  • 今際の国のアリス(5)
    完結
    通常版 5巻 453円(税込)
    「今際の国」から脱出する唯一の希望=トランプ。「ビーチ」が組織的に集めてきた数十枚のカードを強奪する計画に荷担したアリスは、首謀者・チシヤの裏切りによって瀕死の状態で監禁される。ウサギも襲わ...
  • 今際の国のアリス(6)
    完結
    通常版 6巻 453円(税込)
    楽園だったはずの「ビーチ」は、「まじょがり」によって地獄と化した。瀕死の監禁状態から救われたアリスは、休む間もなく「げぇむ」の解決に挑む。一方、譲れない信念をかけた一対一の闘いが、至るところ...
  • 今際の国のアリス(7)
    完結
    通常版 7巻 453円(税込)
    少女を殺した「まじょ」を捜す中、アリスたちの前に立ちはだかった最後の障害は、「ビーチ」現No.1にして武闘派最右翼のアグニ。誰にも止められないと思われたが、元No.1のボーシヤを殺した犯人がアグニ...
  • 今際の国のアリス(8)
    完結
    通常版 8巻 453円(税込)
    新章突入。境界へ。限界へ―― 悲しい結末を迎えた史上最も凄惨な「げぇむ」=「まじょがり」。やむにやまれぬ思いから開催された追悼式を経て、生き残った人々はギリギリの活力を取り戻す。その時、「げぇむ...
  • 今際の国のアリス(9)
    完結
    通常版 9巻 453円(税込)
    字札の「げぇむ」を全てクリアした先に待っていたのは、絵札の人物と直接対決する「ねくすとすてぇじ」だった。今際の国の秘密を聞き出せないかとアリスが選択したのは「くらぶのきんぐ」。港湾施設に設置...
  • 今際の国のアリス(10)
    完結
    通常版 10巻 453円(税込)
    放課後の遊びにも似た「すうとり」。敵ながら魅力を感じざるを得ない「くらぶのきんぐ」が、一瞬にして圧倒的な逆転を果たした「策ならぬ策」とは? 絶望的な点差を覆すためにアリスが発する言葉は? 文字...

今際の国のアリス(1)

購入済み

最高

ryukai 2013年09月04日

閉ざされた空間で生か死かのゲームを行う
昔からよくある王道パターンのストーリー

だがこれが中々面白い、色々目新しい部分もある
ゲームは知能・身体能力・心と全てが必要なので、仲間との連携とかが要になる事が多い
そういった場面での色んなキャラ達のドラマが、こちらを引き込ませ楽しませてくれる
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

今際の国のアリス(13)

Posted by ブクログ 2015年02月07日

そんな自慢できるほど、ゲーム系の作品を読んでいる訳じゃないけど、私が知る限り、この『今際の国のアリス』のストーリーが最もエグい、と思う。騙し合い、言葉による駆け引き、流血表現、そんな陳腐な点じゃなく、全体が読み手の心を軋ませてくる
『空が灰色だから』、『ちーちゃんはちょっと足りない』を代表作に持つ阿...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

今際の国のアリス(1)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年09月27日

今後もっと過激な知能「げえむ」が見てみたい。色々と謎の多い世界観なので、今後の展開が気になる。よくあるサバイバル作品と一線を画すことが出来るのか、期待♪

このレビューは参考になりましたか?

今際の国のアリス(11)

Posted by ブクログ 2014年06月22日

「絵札」のステージが始まった時点で、この作品をディープな所まで味わい尽すべく、少年サンデーS増刊をリアルタイムで読むのを止め、なおかつ、単行本も開かずに熟成させていたので、「すうとり」の開始から過程、そして、決着までを一気に読んで、毛穴が衝撃でブチ開いた
肉体的、精神的、どちらのエグい描写にも耐性が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

今際の国のアリス(1)

Posted by ブクログ 2014年04月20日

9巻まで読んだ。
理不尽ゲームに巻き込まれ系のストーリ。
よくこんな色々なゲームが考えられるものだと感心する。

このレビューは参考になりましたか?

今際の国のアリス(7)

Posted by ブクログ 2014年02月08日

生きる事って?死にたくない!の『生と死』真理がある。
巻を追う事に面白さが倍増。ゲームの内容も作中の登場人物の心理も追究して面白い。
人の汚い部分・本性=生に対する執着心は、エグい。

このレビューは参考になりましたか?

今際の国のアリス(6)

Posted by ブクログ 2013年01月20日

前巻からの番外編いきなり何だろうと思ったら。ストーリーは好きだけど伸ばし過ぎる感じがある。「魔女の正体は」→「魔女を探す事じゃない」→「魔女の正体は」と微妙に繰り返してる。恐らく連載で気にならせるためだろうけど一冊になるとこう不自然。

このレビューは参考になりましたか?

今際の国のアリス(11)

Posted by ブクログ 2014年08月03日

「すうとり」完結。
オチが少し弱い気がするが、全般的に考えると良い。
ただ主人公の悩みが前の繰り返しになってるのはヤキモキする。
無駄に妙な「暑さ」があるのもサンデー系漫画特有のものだが、これもまた苦手

このレビューは参考になりましたか?

今際の国のアリス(2)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年11月01日

たいざいふつかめ。すぺえどのご 1話~4話。

ともに生き残ったアリスたち4人の過去話を挟んで、次のゲームは「おにごっこ」肉体型の「げえむ」。
「おに」から逃げて「じんち」に「たっち」できればげえむの「くりあ」。
「おに」の動きを考えながら逃げ回る様子にハラハラした。考える主人公はカッコイイなぁ。回...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

今際の国のアリス(8)

Posted by ブクログ 2013年08月24日

 人間はそう簡単に変われない。

 酔えない心。異世界に連れられ、そこで本当の自分を知る。ただ、その場所で固められた自分はただ流され雰囲気に酔っ払っている状態ではないか。環境が変わったところで自分が変わるわけではない。聖人君子のように悟り、苦難を乗り越えてきたアリスにとってもう一度現実に呼び戻された...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?