焔 The Flame 堂場瞬一スポーツ小説コレクション

焔 The Flame 堂場瞬一スポーツ小説コレクション

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「あいつを、潰したい」その思惑に綻びが生じたとき――。プロ九年目の今季、FA権を取得するスターズの看板選手・沢崎鉄人。大リーグ入りを目指す沢崎は、チームメイトの四番打者・神宮寺と首位打者争いを繰り広げる。沢崎にタイトルを獲らせ移籍交渉を有利に運びたいスポーツエージェント・藍川は、密かに暗躍をはじめるが――。数多の欲望が渦巻くペナントレース最終盤の人間ドラマを緊迫の筆致で描く、傑作野球サスペンス。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
実業之日本社
掲載誌・レーベル
実業之日本社文庫
シリーズ
堂場瞬一スポーツ小説シリーズ
ページ数
512ページ
電子版発売日
2012年11月02日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

焔 The Flame 堂場瞬一スポーツ小説コレクション のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年09月17日

     警察小説も含めてドーバー作品は20冊くらい読んできたけど、本書がいちばんおもしろかった( ´ ▽ ` )ノ

     ああだこうだ考え自分を失っていった主人公・沢崎がライバル・神宮寺との交流により覚醒、すべてを吹っ切り焔と化して以降はまさに圧巻( ´ ▽ ` )ノ
     周囲の人間もことごとく延焼、偽りの仮...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月01日

    「刑事 鳴沢了」シリーズでこの作者を知り読んでみました。命の危険やスリリングな犯人との対決こそはありませんが、緊張感や人間味溢れる人物に惹きつけられてしまい、この作者の新たな側面を見れたように思います。

    沢崎も藍川もなんだかただの嫌な奴のように見え、神宮寺ばかりが読者の好感度メーター稼ぎまくり…か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月30日

    堂場瞬一氏のスポーツものは相変わらず面白い。
    メジャーリーグに行く日本人選手もずいぶん増え、さらに大いに活躍しているのを目にするが、行くためには、それも好条件で行くには様々な準備が必要なんですね。
    実力は当たり前だけど運も必要。

    4打席連続本塁打。それも狙ってやる。
    愛する人のため、愛してると気づ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月19日

    日本を代表する主人公がFAを取得し、大リーグへの移籍を目指す。

    自分を高く売るために今まで言動を改め、万人受けするように変わろうと努めるが、恋人から仮面を被っているとようで、昔みたいに野球に対するがむしゃらさが見えなくなったと指摘される。

    ここからの主人公の心の変化が男気がありかっこいい。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月22日

    堂場舜一さんのスポーツ小説は「チーム」、「水を打つ」に続いて3作品目。

    「焔」はプロ野球が舞台。
    スターズの三番打者である沢崎鉄人はメジャー入りを目指す。
    何よりも練習を優先させる努力の人。
    スターズの四番打者、神宮司光は練習を嫌い、とにかく遊ぶことを優先させる天才肌の人。
    ペナントレース終盤、チ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月03日

    堂場瞬一のスポーツ小説シリーズ。『8年』『ミス・ジャッジ』でMLBの世界が描かれていますが、この作品は、そのMLBに行こうとする選手を巡る話。

    サスペンスと銘打たれていますが、確かに描かれている策謀剣術の世界はサスペンス。最近のプロスポーツ選手は、イメージも重要なのでイメージ戦略はもちろんのこと、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月09日

    トップアスリート、それも野球の世界の。
    考えすぎで素直じゃない彼が最後に素直になる。
    もっと早く素直になれるんじゃない??と思ってしまった。

    メジャーがどれほど目標になるか良くわからない私には
    今一歩の話だった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています