〈小説〉東大過去問・現代文

〈小説〉東大過去問・現代文

作者名 :
通常価格 754円 (686円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

『研修医純情物語』で話題の著者による、エンターテインメント「勉強小説」! ある日の夕暮れ。37歳で医者になった変わり者の“おじさん”が、30年前の東大入試問題(現代文)を一緒に解くため、甥っ子受験生シゲルの家をふらりと訪れた。……“連ドラは「線」か、「面」か?”“「言葉がすべて」な場所とは?”、“経験はコドクか?”。名問題文と格闘するうち、見えてきたものは――。「やりなおし人生」を自ら明るく実践してきた「脱サラ現役医師」にしてベストセラー作家である著者が放つ、痛快「勉強小説」!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
イースト・プレス
掲載誌・レーベル
文庫ぎんが堂
ページ数
253ページ
電子版発売日
2012年09月21日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

〈小説〉東大過去問・現代文 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年05月14日

    小説というより参考書?
    自分も国語が苦手だったのですが、あまり意地悪な問題が出てこなくて、とても楽しく読ませていただきました!
    あの頃の自分に読ませてやりたい。(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月17日

    小説としてのオチも何もなく面白味に欠け、国語の参考書としても分析が浅く解説がおざなりで何とも中途半端な感じ。
    清水義範の傑作小説「国語入試問題必勝法」と比べるべくもない。
    ただ、本物の東大入試問題を載せているので、これを実際に解いてみると、なかなか楽しい。具体的で簡単な問題文から抽象的で難解なものへ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月11日

    小説ではなく、参考書的な位置づけ。国語って楽しいよ、東大の現代文って面白いよ、といったような事がなんとなく理解できる本。
    ただ、問題文を解説しきれていない感も結構あるので、本格的な参考書として扱うのも難しい感じの本。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年04月06日

    国語の苦手な受験生の親として、藁をも掴む思いで買った本である。
    作中人物に一緒に問題を解いてみて、我なりに息子に授ける策に思い至ったが、問題は息子が親のアドバイスを聞いてくれるかだ。聞いてくれなければ、1年間の浪人は無駄になるだけである。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文庫ぎんが堂 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング