聖断罪ドロシー01 絶対魔王少女は従わない

聖断罪ドロシー01 絶対魔王少女は従わない

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

帝国に攻め込まれ、滅んだレベルデッド魔王国。間一髪逃げ出した王女のドロシーは、護衛の魔法使いカルアと共に、追っ手をかわしながら逃避行を続けていた。しかし、身を隠さねばならないはずのドロシーは、各地で目にする帝国によって苦しむ民を見過ごせず、すぐに助けに入ってしまう正義感の持ち主だった! ついには「”絶対魔王”になって帝国を倒し、善政をしく!」と言いだし!? 魔王の血を引く聖なる少女の世直し旅が開幕!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 角川スニーカー文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川スニーカー文庫
電子版発売日
2012年11月30日
サイズ(目安)
5MB

聖断罪ドロシー01 絶対魔王少女は従わない のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年10月30日

    胸がサブメインの児童書くらいの 気持ちで読むと収まる感じ。
    序章 がすごく好きだ。アニメにしたら すごく映えると思う。
    魔王は良い人側なのかな?というのを今頃理解した。
    帯に「性悪魔法使い」と 紹介されているカルアが全く性悪 じゃないのはなんとなく期待していたのと違った……帯ぃ。
    しかし十文字さんの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月07日

    良くも悪くも、十文字青らしい感じが弱かったかな。まだ一巻なので評価も難しいところですが。この作者特有の、生々しさがない感じ。優等生っぽいっていうか。

    これ読むなら薔薇マリかな、今のところは。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年10月28日

    ドロシーは今は無きレベルデッド魔王国の姫。初代魔王ルナティック・デッド・エターナルは虚神使い(アダムヘッド)だったと言われている。その姫は護衛の魔法使いカルアと共に逃走中。彼女らを追跡する、帝国軍人の超再生者アンナマリーと混成人間シズ。
    市長と共謀し子供をさらう暗黒流星団を潰すため共闘するが、流星団...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年08月07日

    なんか最近、この手の「理想主義、独断専行、高飛車」なキャラクターが
    辛い。

    「これから話題にする要素のカタログ」に感じた。
    もっと言えば中二病ワードのオンパレード。
    「生まれつき凄い人」の種別が多すぎる気がする。

    よくよく考えるに、
    黒ストは吸血鬼とかわりと一般的な概念を利用しているのに対して、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

聖断罪ドロシー のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 聖断罪ドロシー01 絶対魔王少女は従わない
    帝国に攻め込まれ、滅んだレベルデッド魔王国。間一髪逃げ出した王女のドロシーは、護衛の魔法使いカルアと共に、追っ手をかわしながら逃避行を続けていた。しかし、身を隠さねばならないはずのドロシーは、各地で目にする帝国によって苦しむ民を見過ごせず、すぐに助けに入ってしまう正義感の持ち主だった! ついには「”絶対魔王”になって帝国を倒し、善政をしく!」と言いだし!? 魔王の血を引く聖なる...
  • 聖断罪ドロシー02 魔神と少年とかわいそうな魔法使い
    逃避行を続けるドロシーとカルアが行きついた村は、荒ぶる魔神の脅威にさらされていた。村を救おうとドロシーは一人息巻くが、その魔神こそ、暗黒期の戦闘兵器《虚神》であり、その巨体はカルアですら手に余るものだった。そこに、妙に色気を振りまく魔法使いエルチネが現れ、協力を申し出る。カルアは謎が多い彼女を警戒しつつ、共闘を決意するのだった。しかし、いざ魔神と対峙すると、今度はドロシーの...
  • 聖断罪ドロシー03 きみへとつづく長い道
    妖艶な女魔法使いエルチネに、魔法の半永久触媒である籠手を奪われたカルア。魔法の行使が制限されながらも、エルチネを追うカルアとドロシーだったが、一方で帝国の執拗な追っ手もせまっており!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています