Roman 冬の朝と聖なる夜を廻る君の物語(上)

Roman 冬の朝と聖なる夜を廻る君の物語(上)

作者名 :
通常価格 1,210円 (1,100円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

今晩和、親愛なる地平線の旅人よ。これは朝とも夜ともつかない地平で目覚める君の為の物語(Roman)だ。傷つき敗れ、失う者達の物語(Roman)だ。それでも空を仰ぎ、彷徨い続ける者達の物語(Roman)だ。嗚呼、僕達は生まれて来る。そして、死んで行く。廻り続ける風車のように。これはそこにある物語(Roman)だ。どこにでもある特別な物語(Roman)だ。さあ、詩を灯そう。詠い続けよう。いずれ聖夜(ノエル)に生まれいづる彼のように。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2016年02月03日
紙の本の発売
2016年01月
サイズ(目安)
17MB

Roman 冬の朝と聖なる夜を廻る君の物語(上) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年02月14日

    Romanノベライズ作品。Romanの曲を一つの歴史で繋げていたのが印象的。自分の中にない解釈だったのでページをめくるのが楽しくて仕方なかった。piece of Noel 含め下巻がどうなるか今から非常に気になる。

    このレビューは参考になりましたか?

Roman 冬の朝と聖なる夜を廻る君の物語 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • Roman 冬の朝と聖なる夜を廻る君の物語(上)
    今晩和、親愛なる地平線の旅人よ。これは朝とも夜ともつかない地平で目覚める君の為の物語(Roman)だ。傷つき敗れ、失う者達の物語(Roman)だ。それでも空を仰ぎ、彷徨い続ける者達の物語(Roman)だ。嗚呼、僕達は生まれて来る。そして、死んで行く。廻り続ける風車のように。これはそこにある物語(Roman)だ。どこにでもある特別な物語(Roman)だ。さあ、詩を灯そう。詠い続けよう。いずれ聖夜(ノエル)に生まれいづる彼のように。
  • Roman 冬の朝と聖なる夜を廻る君の物語(下)
    今晩和(Bonsoir)、親愛なる地平線の旅人よ。 これは愛を汚され、失って、彷徨いながらも抗い続ける女性の為の物語(Roman)だ。 報われずとも己が信じるものに生涯を捧げ、後の世に神の手を持つ者と称される男の物語(Roman)だ。 美しきものを心に刻みつけて目を閉じる者の物語(Roman)だ。君が迷う時は賢者の声に耳を傾けるがいい。 だが、決めるのはあくまで君自身だ。君が去るのならば、伝言だけは残してくれ給え。それもまた物語(Roman)だ。 全てがどこにでもある特別な物語(Roman)だ。 さあ、詩を灯そう。詠い続けよう。聖夜(ノエル)に生まれいづる彼と共に。 <収録楽曲> 07.歓びと哀しみの葡萄酒 a piece of Noel number06 08.天使の彫像 a piece of Noel number07 09.美しきもの a piece of Noel number08 10.黄昏の賢者 a piece of Noel number09 11.11文字の伝言 a piece of Noel number10 時を超え紡がれる幻想物語は今、新たな展開と終着点を迎える! 二つの冬の物語の結末は――!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川書店単行本 の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング