ふしぎ遊戯 玄武開伝(1)
  • 完結

ふしぎ遊戯 玄武開伝(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

時は大正時代。多喜子は、父・永之助が訳した中国の書物「四神天地書」の中に突然吸い込まれる。降り立った異世界で、自分が玄武の巫女だという運命を知り…!?「ふしぎ遊戯」の始まりの物語、玄武の巫女の伝説が今、幕を開けた。ファン待望の弟1巻!!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
少女マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
Sho-Comi
電子版発売日
2012年10月05日
紙の本の発売
2003年10月
サイズ(目安)
53MB

ふしぎ遊戯 玄武開伝(1) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年05月20日

    ようやく完結という事で最終巻までまとめて読みました。
    途中休載や他連載等で9~10巻まで2年と9ヶ月あったようですが、この間に絵に立体感と迫力が生まれグッと読みやすくなり、作品をより良いものになったのではないかと思いました。

    後半は毎巻涙し、ラストはより感動しました。
    本作を読んで旧作を読みなおし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月27日

    最後までよみおわりました。間違いなく多喜子が四国中の巫女の中で(女宿曰く)一番強く、一番良い女だと思います。結末は前作でもう語られていたけれど、やっぱりそのときがきたら顔をグシャグシャにしてボロ泣きしてしまいました。どこの時代でもいい、どこの世界でもいい、彼らが再び廻り合いもう二度と離れることのない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    良き!

    ◡̈ 2020年06月20日

    朱・青編の大ファンです。
    この玄武も面白いです!続きがたのしみ!!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    とわ 2020年05月04日

    幼い頃にCSで前作の無印ふしぎ遊戯をアニメで見て以来、ふしぎ遊戯の虜です。
    なぜ四神天地書が出来上がったのか、七星士たちと巫女の初めの物語。
    ずっと気になっていました。
    最初からもう心を捕まえて、離してくれません。
    前作の内容で結末はわかり切っていましたが、最後まで読んで涙が止まりませんでし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月30日

    朱雀編では悲劇として書かれていた玄武編。
    後半はまだ未読だから、読み進めていくのがちょっと怖い。

    舞台は朱雀編よりも200年前の大正時代。
    父が訳した四神天地書の中に吸い込まれた多喜子。

    大正ロマンな雰囲気大好きだからうれしい!
    しかも舞台は盛岡。
    盛岡というと、宮沢賢治が思い浮かんで
    そこもま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    現在5巻まで発売中。ふしぎ遊戯の玄武編です。(とはいっても前作知らなくても大丈夫。)主人公は中国の書物「四神天地書」の中に突然吸い込まれてしまって、その異世界で自分が巫女だと知らされて‥?というお話。一緒に旅をする七星士が魅力的です。ストーリーも面白い。ファンタジーが好きな方におすすめです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    以前出ていた同作者の「ふしぎ遊戯」の続編。
    主人公の設定が現代から大正時代へさかのぼっているので、過去の話。巫女の立場も前作は世間が受け入れモードでしたが、今作は「巫女」というだけで嫌われたり差別されたりと、前作のギャップも楽しめます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    朱雀&青龍編よりずっと前のストーリー。四神天地書の著者の娘多喜子が玄武の巫女になった話。今のイラストの方が個人的に好きで、しかも能力を使うと女になるリムド(女宿)はとてもかっこよくて好きデスvv

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月04日

    我が青春「ふしぎ遊戯」の玄武ver。初代ふしぎ遊戯では玄武の巫女は父に刺殺されるとあったが、今後どうなるんだろう。玄武編も皆いい味したキャラで嬉しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ふしぎ遊戯の玄武の巫女編。美朱の方の話で既に展開がバッドにしかならないと分かっているのに、辛くてもつい読んでしまう。すごく悲しいお話です。

    このレビューは参考になりましたか?

ふしぎ遊戯 玄武開伝 のシリーズ作品 全12巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~12件目 / 12件
  • ふしぎ遊戯 玄武開伝(1)
    完結
    時は大正時代。多喜子は、父・永之助が訳した中国の書物「四神天地書」の中に突然吸い込まれる。降り立った異世界で、自分が玄武の巫女だという運命を知り…!?「ふしぎ遊戯」の始まりの物語、玄武の巫女の伝説が今、幕を開けた。ファン待望の弟1巻!!
  • ふしぎ遊戯 玄武開伝(2)
    完結
    玄武の巫女として、七星士(しちせいし)集めを始めた多喜子とチャムカ。一方、玄武七星士の一人であるリムドは、敵側倶東国の兵士となってしまう……。多喜子は巫女としての役目を果たせるのか。急展開の第二巻!!
  • ふしぎ遊戯 玄武開伝(3)
    完結
    室宿(はつい)を仲間にした多喜子(たきこ)たちは、他の玄武七星士の居場所を知るてがかりを求めて、偉布礼へ向かった。そこで、巫大師から「転節の石原」へ赴き、巫尊師アンルウに会うように勧められる。ところがすでに倶東国の刺客が多喜子たちの目前に迫っていた……!4人目の七星士・壁宿(なまめ)登場!緊迫の第3巻!
  • ふしぎ遊戯 玄武開伝(4)
    完結
    壁宿(なまめ)を仲間に加えた多喜子(たきこ)たち一行はある村に立ち寄った。多喜子(たきこ)はその村で、倶東国(くとうこく)に戻ろうとしていたリムドと激しい口論になる。リムドが村を去るのと時を同じくして、村に倶東国の刺客が現れた…!まさに絶体絶命のその時、多喜子たちを助けにかけつけた人物とは…!?5人目の七星士・斗宿(ひきつ)登場!急展開の第4巻!
  • ふしぎ遊戯 玄武開伝(5)
    完結
    妖魔と戦う女宿(うるき)たちを残し、現実世界に戻ってしまった多喜子(たきこ)。本の中と現実世界で時間の流れが違うことに気づいた多喜子は母親を生き返らせるという新たな目的を胸に再び四神天地書の世界へ向かう。女宿の腕に抱きとめられた瞬間、多喜子は確信した---女宿を愛している…!6人目の七星士・牛宿(いなみ)登場!急展開の第5巻!
  • ふしぎ遊戯 玄武開伝(6)
    完結
    時は大正時代。多喜子は、父・永之助が訳した中国の書物「四神天地書」の中に突然吸い込まれる。降り立った異世界で、自分が玄武の巫女だという運命を知り…!?「ふしぎ遊戯」の始まりの物語、玄武の巫女の伝説が今、幕を開ける…
  • ふしぎ遊戯 玄武開伝(7)
    完結
    主従を超えたリムドとソルエンの固い絆(きずな)が…!?テグを助けることでハーガスの心を開こうとする多喜子(たきこ)。だが、敵軍に捕らえられ、ソルエンと共に特烏蘭(トウラン)へ連行される。その途中、多喜子の命と引き替えに女宿(うるき)をおびき出すよう迫られたソルエン。承知したソルエンは多喜子を逃がし、敵の大軍を引きつけて…!?玄武の物語、いよいよ核心に突入!衝撃の第7巻!
  • ふしぎ遊戯 玄武開伝(8)
    完結
    愛し合う2人を運命(さだめ)が引き裂く…!?大切な「家族」ソルエンを失い、満身創痍で倒れた女宿(うるき)は、神聖な力で護られた森に住む謎めいた少女に助けられた。導かれるようにその森に来た多喜子(たきこ)が見たのは、自分を責め続ける女宿の姿…。ハーガスとの対決を前に、女宿を悲しみから救うすべはあるのか――!?物語はかつてない領域へ!急展開の第8巻!
  • ふしぎ遊戯 玄武開伝(9)
    完結
    神獣を召喚した巫女は、その生け贄となる――。運命を知った女宿(うるき)は「元の世界へ帰れ」と多喜子(たきこ)に別れを告げた…。傷心のまま日本に戻った多喜子はすべてを忘れるため及川(おいかわ)医師の求婚を受ける。しかし突然、母と同じ肺病を発症し、死を覚悟して…!?ますます目が離せない!急展開の第9巻!
  • ふしぎ遊戯 玄武開伝(10)
    完結
    先ごろ初の舞台化も大好評だった「ふしぎ遊戯」、その続編である「ふしぎ遊戯~玄武開伝」。いよいよ第10巻の発売です。胸の病を患い、吐血した多喜子。しかし病を隠して女宿(うるき)とともに生きることを選んで北甲国(ほっかんこく)の特烏蘭(トウラン)へ戻った。女宿は愛する多喜子のために父・テムダンへの私怨をおさえ、巫女としての彼女を守ろうと決める。その想いに応え、幽閉中のテグを救出し...
  • ふしぎ遊戯 玄武開伝(11)
    完結
    玄武の巫女・多喜子は、神獣・玄武を召喚し、北甲国を救うため、七星士の仲間たちと共に、首都・特烏蘭(トウラン)の王宮に迫った。「玄武の巫女が現れて四神天地之書を開く時、王の息子が王を殺す」その予言ゆえ、宿命的に引き裂かれた父テムダンと息子リムド。その予言を仕組み、兄テムダンを玉座から追いやった弟テギル。テムダンと復讐の密約を交わした双子の弟ハーガスと、兄テグ。秘めたる孤独な魂...
  • ふしぎ遊戯 玄武開伝(12)
    完結
    「ふしぎ遊戯」開始から20年!「ふしぎ遊戯 玄武開伝」スタートから10年!いよいよ完結巻!中国の書物「四神天地之書」の中に吸い込まれた少女、多喜子は、伝説の巫女として過酷な運命を背負う。「七星士」を探し出し、その中の、女宿(うるき)と愛し合うようになった多喜子。凍てつく世界で芽生えた、愛の行方は…引き裂かれるのか!?結ばれるのか!!?この結末は、見逃せない!!渡瀬悠宇の、ライフワ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ふしぎ遊戯 玄武開伝 に関連する特集・キャンペーン