正・続 まんが パレスチナ問題
  • 最新刊

正・続 まんが パレスチナ問題

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ユダヤの少年ニッシム、パレスチナの少年アリ、そして智恵のある「ねこ」を語り部に、パレスチナ問題を4000年前から現代まで、わかりやすく説明。中高生から大人までおすすめ。日本人にも関係のあるパレスチナと中東を巡る世界の大問題を理解するには、まずはこの一冊から。(講談社現代新書)※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
電子版発売日
2015年08月28日
紙の本の発売
2015年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
207MB

正・続 まんが パレスチナ問題 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年11月23日

    パレスチナ問題やアラブの春について、分かりやすく、可愛らしいイラストとともに。
    中東での戦争や内紛に、西欧諸国が軍事的に参加するのは、やっぱり「利益」があるからなのね…と。特に、米国の動きに結構着目して批判している。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月29日

    今まで読んできた中でも最高のランクに入ると
    思っている。”まんがパレスチナ問題”の続編の本書。
    前作ほどの感動と衝撃は正直いってありませんが、
    今回作も分かり易く、とてもいい視点での
    話と、二人の主人公の交流が少しチープでは
    ありますが、前作と同様素直に感動します。

    ユダヤ・イスラエル・パレスチナ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月31日

    2015年刊ということでイスラム国までで終わっていますのでその後は自分で補う必要がありますが、こちら、良書と思います。「パレスチナ問題」という題名ですが、「点」ではなく「面」そして「流れ」で追っていますので、背後にある絡み合った大国の事情もつなげて理解することができます。とてもよい頭の整理になりまし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月01日

    最後の憲法の話いらない‥これだけ厳しい現実を解説しておきながらなぜ9条を称賛できるのか、教えてくれ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月01日

    暴力には暴力でしか戦うことができないのだろう?
    憎しみは憎しみでしか塗り替えることはできないのだろうか?

    ガザ地区に留まるパレスチナ人たち。
    イスラエルを建国したユダヤ人たち。
    お互いの想いが交錯したくさんの人たちが亡くなった。

    場所は変わりアフリカ。
    報道規制があるなかで、インターネットの発達...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月06日

    2015年前半までのパレスチナ問題を解説。前著に続いて、簡潔で分かりやすい。

    あとがきを読むと、筆者の見方にも偏りというか、これはこうであると考えるものが見えてくる。それでも、ある特定の視点から物事を捉えた後に、反対側から見ると、全体像を立体的に理解できるものである。

    そう考えると、本書を読んで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月20日

    最近の中東情勢のおさらいに。
    アラブの春のころはまさかこんなんなるなんて思ってなかったよなあ・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月22日

    前作(2004年末)末尾で語り手のPL人とユダヤ人とが“民族”の無意味を鳴らしたが、’03年イラク戦争、’06年末フセイン大統領処刑にともない旧政権バース党を公職追放したことで「かつて有能だった官吏」がシナイ半島、および移民にまぎれてEU全体に拡散し“聖戦”ジハードを唱える「イスラム国」の原資となっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月21日

    「まんが パレスチナ問題」の続編で、その後の10年間(2005~2015年)を描いたもの。

    前著と同様、わかりやすい説明で、ニュースなどで断片的に知っていたいろいろな話がつながってくる。

    タイトルは「パレスチナ問題」なのだが、内容的には、アラブの春とその後、そして、ISの話が中心。

    パレスチナ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

まんが パレスチナ問題 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • まんが パレスチナ問題
    770円(税込)
    ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の違いって何? エルサレムはなぜ特別なの? イスラエルはどうやって建国されたの? パレスチナの少年アリとユダヤの少年ニッシム、そしてエルサレムの猫。二人と一匹が旧約聖書の時代から続く大問題をガイドする。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。
  • 正・続 まんが パレスチナ問題
    ユダヤの少年ニッシム、パレスチナの少年アリ、そして智恵のある「ねこ」を語り部に、パレスチナ問題を4000年前から現代まで、わかりやすく説明。中高生から大人までおすすめ。日本人にも関係のあるパレスチナと中東を巡る世界の大問題を理解するには、まずはこの一冊から。(講談社現代新書)※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています