SAMURAI DEEPER KYO(1)
  • 完結

SAMURAI DEEPER KYO(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

関ヶ原の戦より4年、千人斬り伝説復活す! 手には5尺の大太刀(おおだち)、背には太極図(たいきょくず)の紋、面(おもて)には鬼が如き深紅の眼(まなこ)! 百万両の賞金首、その名は鬼眼の狂(おにめのきょう)!! 賞金稼ぎ椎名(しいな)ゆやが知り合った薬売り、壬生京四郎(みぶ・きょうしろう)のもうひとつの顔が、鬼眼の狂だった。運命に導かれた2人の旅がはじまる――。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
週刊少年マガジン
電子版発売日
2012年09月14日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
98MB

    Posted by ブクログ 2016年05月08日

    歴史の話?
    ちょっと分からないけど…
    男、いや漢達がかっこよすぎてたまらない♪

    こんなにもかっこいい人達に囲まれるゆやが羨ましい(「 ゚Д゚)「

    バトルシーンとか、見やすいし飽きないしドキドキする!

    私は狂が一番魅力的だったけど、全てのキャラが愛しいと思えるほど、素敵な面々でした!

    再読だっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この漫画は、時代背景が江戸時代になっているが、たくさんの歴史的人物が登場する。
    剣豪同士の闘いでの業や人柄は、男が惚れるかっこよさです。
    全38巻なので読んでみてください。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    <全38巻>歴史漫画としてはかなり高い地位を誇ってもいいと思うぐらい、綺麗に話が進んで、キャラの個性も強く良く、終わり方もさっぱりしてて良かった!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    これも、週マガを購読していた時にはじまった作品。これとGetBackersとかが同じくらいに連載開始。史実なんてむわっったく無視した展開が天晴れだった。紅虎好きだった私は、この人の正体をわりと初期に察していた。ゆやちゃんは止めて真尋とくっつけばいいと思っていた。この漫画で真田信之さんが好きになった。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    マガジン連載終了。
    最初は狂と京四郎が2重人格の話だったけど、それから登場人物や内容が増えて面白くなった。
    絵も繊細ですごくステキですw

    〜39購入終了

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    久しぶりにバイブル的漫画を見つけました。確かに絵も綺麗で力強さがあり、男前で魅力的なキャラも多いのですが、それ以上に「仲間」の大切さを常に訴え続けている、そこがこの漫画のすばらしいところだと思います。


    【萌キャラ】鬼目の狂、アキラ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    愛と平和の薬売り壬生京四郎が賞金小町椎名ゆやと出会ったところから物語は始まります。
    魅力はなんといっても繊細な絵柄と瞬間を切り抜いたかのようなカット。
    そして京四郎のアホ毛なのですよ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    友達に薦められて買いました。2005/2/22現在30巻まで 全部持ってます。みんな強くてかっこいいのです!あきらと幸村が私は好きですvvv京四郎と狂どちらがゆやとくっつくのか早く展開が欲しいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    29巻まで所持。

    歴史マンガ好きだ。
    1回離れそうになったけど、また読みたいと
    思わせてくれた作品。戦闘シーンがかっこいいv
    ほたる好きだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    学生時代、古本屋で1巻を買ったことから始まりましたね。
    当時かなーりハマって、2年ほど前までKYOのイラストサイトを立ち上げていました。

    今読み返すと、結構矛盾するところがあったり。
    週刊連載とは、そんなものかもしれませんが。

    絵もきれいで、キャラにも個性があって面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 全38巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 38件
  • SAMURAI DEEPER KYO(1)
    完結
    関ヶ原の戦より4年、千人斬り伝説復活す! 手には5尺の大太刀(おおだち)、背には太極図(たいきょくず)の紋、面(おもて)には鬼が如き深紅の眼(まなこ)! 百万両の賞金首、その名は鬼眼の狂(おにめのきょう)!! 賞金稼ぎ椎名(しいな)ゆやが知り合った薬売り、壬生京四郎(みぶ・きょうしろう)のもうひとつの顔が、鬼眼の狂だった。運命に導かれた2人の旅がはじまる――。
  • SAMURAI DEEPER KYO(2)
    完結
    落人(おちうど)の隠れ里で殺戮(さつりく)に走る、代官の用心棒・爾門(じもん)。爾門の前に立ちふさがった京四郎、その時漏れ出た言葉。それは……「ヤツがくる」――。京四郎のもうひとつの顔、鬼眼の狂(おにめのきょう)を知る男との死闘。そして4年前の関ヶ原での出来事。狂の本当の顔とは?
  • SAMURAI DEEPER KYO(3)
    完結
    鬼頭厳馬(きどう・げんま)と三彩衆(さんさいしゅう)を前に、再び現れた鬼眼の狂(おにめのきょう)。その躯(からだ)には微妙な変化が!? そして、衝撃の一言を口にする。「オレが一番殺したいのは京四郎(あのヤロウ)なんだよ」――!! 覚醒し、京四郎と入れ替わった狂は、会わねばならぬ人間を求め、江戸へ向かう。
  • SAMURAI DEEPER KYO(4)
    完結
    真田幸村(さなだ・ゆきむら)の暗殺と、狂(きょう)への復讐を目論む“蜘蛛遣(くもし)”の真尋(まひろ)。彼女との因縁により、幸村の依頼を受けた狂の真意とは!? そして御前試合で、狂は本当に徳川家康の首を狩れるのか――!? 狂の剣、ますます冴え渡る!!
  • SAMURAI DEEPER KYO(5)
    完結
    真に戦うべき徳川家康(とくがわ・いえやす)の正体を見定めた鬼眼(おにめ)の狂(きょう)と真田幸村(さなだ・ゆきむら)。家康は取り逃がしたが、真の侍として刀を交えた2人は、互いの信頼を深めていった。そして幸村からついに、狂の躯(からだ)の隠し場所が明かされる時が……!! 幸村と別れ、躯を求め旅立つ狂。だが同時に、狂を狙う新たな刺客たちも蠢(うごめ)きだしていた!!
  • SAMURAI DEEPER KYO(6)
    完結
    兄の仇の真実を知るため、ゆやは鬼眼(おにめ)の狂(きょう)と共に富士山の裾野に広がる青木ケ原樹海の深奥へ──。樹海では“あの御方”の命を受けた十二神将が集結。狂に襲いかかってきた!! 人形遣い・宮毘羅(くびら)の完全結界のなかで最大の危機を迎えた時、ついに“京四郎”が現れた!?
  • SAMURAI DEEPER KYO(7)
    完結
    鬼眼(おにめ)の狂(きょう)の躯が隠されているという紅蓮浄土(ぐれんじょうど)への案内役として、真田幸村(さなだ・ゆきむら)から遣わされた猿飛佐助(さるとび・さすけ)。そんな2人の前に現れたのは、“あの御方”の操る十二神将の1人・毘羯羅(びから)! 毘羯羅の圧倒的パワーに苦戦を強いられた狂たち。さらに狂の弱点と見なされたゆやが敵の手中に落ちてしまった! 一方、紅虎(べにとら)は...
  • SAMURAI DEEPER KYO(8)
    完結
    十二神将にさらわれてしまったゆや。“黄泉平坂(よもつひらさか)”で、最愛の兄の亡くなった日の記憶が蘇る。兄を殺したのはやはり――京四郎(きょうしろう)!? そして、鬼眼(おにめ)の狂(きょう)たち一行は、紅蓮浄土(ぐれんじょうど)への近道である地獄門へと赴く。その場で狂は“あの御方”と邂逅、ついに正体を知る!!
  • SAMURAI DEEPER KYO(9)
    完結
    絶対恐怖の名のもとに最強軍神甦る! その漢(おとこ)の名は――織田上総介信長(おだ・かずさのすけ・のぶなが)……!! 信長&十二神将の圧倒的な強さの前に、狂(きょう)、幸村(ゆきむら)、紅虎(べにとら)、サスケはそれぞれに追い込まれていく。熾烈を極める闘いの最中、狂の背後に怪しき“影”が――!!
  • SAMURAI DEEPER KYO(10)
    完結
    復活した京四郎(きょうしろう)と激しき死闘を繰り広げる織田信長(おだ・のぶなが)!! ついに決着かと思われた瞬間(とき)、京四郎の身に再び変化が――!! そしてアキラが現れ言い放つ……「狂の躯(からだ)とゆやさんの命、頂きました」――。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「SAMURAI DEEPER KYO」に関連する記事