わたしは働くうつウーマン

わたしは働くうつウーマン

作者名 :
通常価格 594円 (税込)
紙の本 [参考] 1,188円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

心の不調と向き合う体験的コミックエッセイ!

バブルの頃「わたし」は、人一倍働くキャリアウーマンでした。1か月の残業が200時間のことも! そんな中で自律神経失調症を患います。それが前兆でした。治療を受けても良くならず結局退社。フリーライターになってから、同居する男性(本書では“ヤツ”として登場)も現れましたが状態は悪くなるばかり。そして、自殺未遂……。気が付けば、抗うつ剤を飲んでもう15年。いまだにうつは治っていません。こうなると、これはもう自分のキャラクター。“ヤツ”とは別れ新しいアパートに越しましたが、最近は、社交ダンスも始めました。そんな、うつ病のシングル女性の生活を、ユニークなギャグタッチのまんがで描きます。

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
130ページ
電子版発売日
2012年08月17日
紙の本の発売
2009年12月
コンテンツ形式
.book

関連タグ:

Posted by ブクログ 2015年06月03日

自立神経失調症→ウツ病→パニック障害併発とずっぽりメンタル15年生の作者をマンガにした作品。私は絵がどうしても好きになれず、活字で読みたかった。10年連れ添った相方は結構大変だったと思うのだが、作中で怠け者のようにだけ書かれているのにも違和感。ツレウツと共通して、「悪い状態になってもOK!」と受け入...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月14日

 うつ、って、最近たくさんの種類があります。
 本当につらい人もいれば、誤魔化しのために鬱だと名乗る人もいる。それはまあ人それぞれですから、こういう症状は甘えだ!ということは一概に言えるものではないと思います。
 バリバリのキャリアウーマンが、鬱とパニック障害を患い、それとうまく付き合っていけるよう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年11月29日

ウツ15年の著者が語る日常生活。

ウツがどれほど大変なのか
それでいて働かないといけなくて。。。
よく分かる一冊。

ウツの診療代金が一割?になる制度があることを
初めて知りました。
もちろん、お役所に申請する必要があるのですが
知らない人、多いのでは?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by 読むコレ 2013年05月22日

入院版が面白かったので、こっちも買った。
しんどい病気だとは思う…
でも、身体的な病気ほどの理解や同情は
なかなか得られないだろうな…
罹病者も多いので
薬や治療法の研究・開発・普及が進むとは思うが
例えば震災地域の患者さんなど
引き続き無料診察を続けて欲しい
(先日、取り止めの報道...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月26日

もはやコミックに出来ない闘病記はありませんね。
「ああ、こんなつらさがあるんですね」と思い、「その後いかがですか」というきもちになりつつ続編にリクエストを入れました。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「わたしは働くうつウーマン」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play