平常心のレッスン

平常心のレッスン

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

プライド(慢)、支配欲、快楽への欲求、そして「死にたくない」という思い――。自分のあるがままの心を見つめ、受け容れていくと楽になる。心を苦しめるものの正体を知り、平常心を身につけるための実践的な方法をやさしく説く。“平常心”が身につけば、生きるのが楽になる。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新書
ページ数
232ページ
電子版発売日
2012年08月24日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2016年12月01日

    今の私にはとても役立ちます。
    考えているつもりが自分がいかに生物としての習性に操られてきただけなのかまざまざとわかりました。
    諦める、ほんの少しずつ死を受け入れていくレッスンを、日々意識していきたいと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月09日

    何度も何度も読み返したくなる本。
    生きている人みんなに読んでほしい。

    心をこうまで客観的に分かりやすく書かれた本は初めて。
    自分を冷静に見つめなおすきっかけになればいいな。

    決して、押しつけがましくなく。
    優しく、包み込むような想いを感じました。

    日常の出来事をただ受け入れようと思った。
    日々...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月09日

    そのタイトル通り、「平常心とは」を、仏教の観点からのみならず、ある種科学的にも教えてくれる一冊。

    実際にある程度救われました。怒らない方法は理解し、実践できた。

    でも、喜怒哀楽の、喜哀に関しては、コントロールが難しい。

    喜怒哀を感じなくする(感じても、一々動揺しない)方法は書いてある。

    けど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月23日

    座禅を組みに行きたくなりました。平常心を保つのが実際の生活の中でいかに難しいか、途中で心折れて見つめなおす機会というものが訪れないと、なかなか無理なのかもしれないなと思ってしまいました。
    復職しはじめたら、この本をカバンにしのばせておこうかと思っています。
    社会復帰プログラムのリラクゼーション法なん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月21日

    著者の本を何冊か読んできたが、一番心にスッと入ってきた本となった。
    手元に置いておいて読み返したい。

    慢心、支配(コントロール)を薄めたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月03日

    会社の経営者です。
    今、自分の置かれている状況は…、いろいろな重責。短、中、長期すべての事柄に関するプレッシャー。晴れない心を抱える毎日でした。
    小池龍之介さんの本を読むのはこれが初めてですが、仏様の教えを通して心を軽くするヒントをたくさん貰いました。
    今、自分を苦しめる、心の奥底から湧き出る苦しみ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月30日

    仏教の考え方をベースにどのように生きるかについて説く。

    本書にあるような生き方は目指すところでは無いが、平常心についての話は敬意を持って読まざるを得ない。

    気持ちが乱れた時に読む、とポインタを覚えておくだけでも充分な価値があるように思う。

    そして著者のこの説得力の源泉を知りたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月03日

    2013.2記。

    仕事に限らず、困難にぶつかったときに動じないための「平常心」を持っていたい、持ちたい、とは私も普通に考える。そして、私にとっては、平常心とは「過去に厳しい局面を乗り越えた」という経験の蓄積から得られるもの、言い換えれば「経験に裏付けられた静かな自信」とでもいうべきものである。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月15日

    最近たくさんの著作を発表している若き寺の住職、小池龍之介氏が、"穏やかで幸せな淡々とした日々"に近づくためのノウハウを説教してくれる本です。「淡々と」。いい言葉です。

    何だったか忘れてしまいましたが、1年前くらい、とにかく何らかのストレスを抱えていた頃に読みました。わたしは宗教...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月24日

    ちょっと今週は、嫌な事があったんだけど、この本を読んでいたお陰で落ち込まずに、イラつかずに済んだ。
    平常心、平常心と…。

    12/05/24-60

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています