待ってました!―花形落語家、たっぷり語る―

待ってました!―花形落語家、たっぷり語る―

作者名 :
通常価格 1,382円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

師曰く、「会場を選ぶな。自分の演るところが神殿だ」「何を語るかでなく、誰が語るかだ。落語家の存在自体がネタである」。芸と人間の磨き方、災難も笑い話にしてしまう精神力と話術。ビジネス書より学べて、ためになる。小朝、志の輔、談春、志らく、鶴瓶、昇太、円丈、あやめ、歌之介、三枝――花形10人が明かす、とっておきの話。

ジャンル
出版社
新潮社
ページ数
296ページ
電子版発売日
2012年06月15日
コンテンツ形式
XMDF
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年02月16日

昭和の名人について語る本は数多かれど、いまどきの落語家についてずずぃと見渡せる本は少ない。落語ブームならぬ落語家ブームという著者と三枝、円丈、小朝、志の輔各師匠をはじめとした10人の落語家との対談集。特に、新作落語を得意とする円丈、昇太師匠への著者のあたたかいまなざしが印象に残る。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月14日

さすがに 吉川潮さんです
それぞれの芸人さんとの
「質問」が「的を射ている」ので
「話」が
そのまま
「噺」にまで
なっている

ここに登場する「噺家」を
聴いたことのある人は
むろんのこと
まだ
未見の噺家さんも
それはそれは
興味深く
その「座談」に
同席することができます

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月11日

人気落語家のインタビュー本。
立川流顧問の吉川潮だからこそ落語家の本音に迫り、話を引き出せているような感じがする。
特に立川志の輔のインタビューが良い。(ただ志の輔のインタビューではずれというものを見たことがないので、志の輔の答え方がうまいだけなのかもしれない)春風亭小朝や、三遊亭円丈など、なかなか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「吉川潮」のこれもおすすめ

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play