体制維新――大阪都

体制維新――大阪都

作者名 :
通常価格 756円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

クーポンで15%OFF!小学館漫フェス秋2018実施中!

作品内容

「よいことも悪いことも大阪からはじまる」といわれる。長引く経済の低迷、莫大な負債など、大阪を取り巻く情勢はまさに日本の縮図だ。そんな大阪が変われば、日本全体が変わる! いままでの改革はなぜ全て失敗してきたのか? どうして「大阪都」でなければならないのか。いま何をすべきか。橋下徹が掲げる「大阪都構想」は、大阪、そして日本革命の切り札となるか──その全貌を橋下徹と堺屋太一が論じ尽くし、衰退から成長への具体的な「オンリープラン」を提案する。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
850ページ
電子版発売日
2012年06月01日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2016年09月14日

内容紹介

「よいことも悪いことも大阪からはじまる」といわれる。長引く経済の低迷、莫大な負債など、大阪を取り巻く情勢はまさに日本の縮図だ。そんな大阪が変われば、日本全体が変わる! いままでの改革はなぜ全て失敗してきたのか? どうして「大阪都」でなければならないのか。いま何をすべきか。橋下徹が掲げる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年02月24日

個人的に大阪都構想には賛成である。

制度的にうまくいくかどうかは別にして、地域が独立して自治を行う気概を育てないと地域は沈没してしまう。
国として取り組むべきこと、地域で取り組むべきこと、それぞれを見極めていくべきだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月08日

著者の政策の賛否はともかく、考えた上で行動していることがよく解かった。
※それでもすべてを解決できる政策など無いと思うが。

感心させられる記述が多く自分にとっては勉強にもなったので評価高め。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年11月14日

"日本"という大きな単位ではなくて、(個人、)街、地域、地方のプレゼンスを世界に発信していくんだという肚決めと、それを実現する機動的な社会システムが必要だと訴える一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月25日

橋下さんのいう広域行政と基礎自治体の役割分担や
大阪府の真ん中に大阪市があることによる二重行政の解消も
理解できる。

ただ、それが国政につながるのが分からない。

権力を取らないと貫徹しない部分はあるだろうけど話が
飛躍してると思う。

この本の内容は完全に同意。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play