京大・鎌田流 一生モノの人脈術

京大・鎌田流 一生モノの人脈術

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

まず目の前の3人を味方につける! ベストセラー『一生モノ』シリーズでおなじみの有名な火山学者であり大学教授である著者が明かす「本物の人間関係」をつくるためのとっておきの方法。東京生まれ・東京育ちの著者が、人づきあいが最も難しい京都の地で、もみにもまれて12年間。そこから得た細心の心くばりと気遣い、優れたコミュニケーション技術が、人脈を作り、広げる。「名刺のコレクション」をやめて、まず目の前の3人を味方につけるなど、京都大学人気No.1教授が贈る人脈づくりの極意です。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
232ページ
電子版発売日
2012年04月27日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
6MB

京大・鎌田流 一生モノの人脈術 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年03月22日

    火山学者によるビジネス書。
    理系的感覚から考えた経営学と言えるだろうか。
    とても合理的で理解しやすい、目標実現のための近道を示してくれているガイドブックであると思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月07日

    人脈の具体的な形成方法をマニュアル的に述べる本かと思いきや、全く違いました。夢を持つ大切さ、人とのつながり、生きるヒント等、人生を学ばせていただいたというのが率直な感想です。いい本に巡り会えた!という感じでしょうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月21日

    鎌田先生の本を続けざまに読んでいるけれど、いやいや、この本も本当にすごい!深く考えなければ書けないこと、言えないことが、惜しみなく書かれている。同じ著者の本をこれほどに連続して読もうと思ったことはない。鎌田先生の著作は、全部読んだとしても無駄なものは本当にないような気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by 読むコレ 2012年10月07日

    自信に漲ったバックグラウンドが円滑に実を結ぶためには、作法として心得るべきことがあると教えられました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月29日

    先日読んだ、「一生モノの勉強法」と同じ著者。

    まずは身近な人から、それも年配の方から、歳下の方まで人間関係を構築していこう。その後同様に社外も。
    そのためには、自身が専門性、教養を持ち、人好きであるが必要である。
    そして、大前提として、人脈を持つには、自分の夢(社会貢献に繋がるような)を持つことが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月14日

    人脈術にて、表紙の軽そうな内容に反していたってまともな内容。やはり人脈を作ろうとがっつくのが一番よくないということですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月05日

    “名刺のコレクション”はもうやめよう! 京大人気No.1教授が、「本物の人間関係」をつくるためのとっておきの方法を伝授する。一生モノの人脈づくりにおすすめの小説・映画作品も紹介。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月05日

    鎌田教授の本は続けて読んでいるが、理系・文系にかかわらず示唆に富んだ内容である。初対面が人脈づくりの一歩であるとか、名刺の使い方とか、いろいろ参考になった。意図的に人脈を作り上げるという感覚は、自分にはあまりないが、普段の人との出会いの中で工夫すべきところはいくらかあると感じた。
    一生続く人脈は、自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月27日

    平易な表現で人脈づくりの心構えと実践法を説いており、とてもわかりやすい。社会人を経験している理系の大学教授はやっぱり一味違う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています