ここを出ろ、そして生きろ

ここを出ろ、そして生きろ

作者名 :
通常価格 1,232円 (1,120円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

目の前の誰かを救うためNGO活動に没頭しながらも、戦後利権に群がる民間組織の現実に戸惑いを覚えるさゆり。より危険な道を選ぶことでしか「生」を実感できない焦燥感に悩む、プロの人道支援者ジャン。コソボ、コンゴ、NY、エルサレムを舞台に、生死の境界を往く恋人たちの壮絶な闇を追った、渾身の長編小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
ページ数
238ページ
電子版発売日
2012年04月20日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

ここを出ろ、そして生きろ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年09月18日

    フィクション?ノンフィクション?
    国際的なすごく難しい問題を背景にしながらも、主人公の日本人女性とフランス人との揺れる心情、近ずく気持ちにどんどんと読み進めることができた。先日亡くなった山本美香さんの姿ご重なる。死と向き合わせで現場で携わる人の、すばらしい志に頭が下がる。
    誰もが大聖堂の完成を見ずに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月04日

    コソボ、コンゴで国連・人道支援NGO活動に身を投じる恋人たちのリアルと、そこに潜む深い心の闇。同様の職に就く友人たちを思いながら読んでいたが、途中からそんな余裕は無くなった。何かに駆り立てられるような終盤にとにかく圧倒される。支援の皮肉な矛盾、本当の救い、人を思うということ。読後もずっと胸がざわつい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月06日

    出だしから引き込まれ、ストーリーもテンポ良く、一気に読み上げた。
    タイトルも最後に深い意味も持ち、考えされられる本だった。

    12/04/06-42

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月09日

    祖国を想い戦う兵士、戦禍の中に生きる罪もない人々を救うため、自身の身の危険をも顧みずNGO活動に奔走する人々。いつくしむように一日一日を重ね「毎日を生きる」それがどれだけ尊いものか本書は伝えてくれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月21日

    NGO活動を通じて出会ったジャンとさゆり。過酷な現場を共有し、絆を深めていくふたり。だが、ジャンの過去にはさゆりの思いもしなかった出来事が…。

    半日で読んでしまった。NGOのことなんて何にも知らない私にも、わかりやすく、引き込まれてしまうストーリー。

    文章を読んで、頭では理解できても、本当にそん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月20日

    佐藤優氏の「インテリジェンス人生相談」WEB版コラムに本書が引用されていた
    ので、手に取った。
    分量としては多くなく、読みやすい。(私は一日で読み終えた。)
    読後は気持ちが重くなった。
    ただ、佐藤優氏が引用していた、ジャンの仕事に対する考え方は胸を打つ。
    主人公の仕事は利益とは別だと思っていたが、ビ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月09日

    NGOで働くとは、紛争地で働くとはということをフィクションでありながらよく描いている本だと感じた。(自分も働いたことないのでわからないが)クライシスジャンキーとはよくいったものだ。自分の知り合いにも世界のどこかで紛争が起きることを期待してて、それでUN入りたいといっていたが、それって違うんじゃない?...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月07日

    コソボでの人道支援のNGO活動を通じて出会ったフランス人・ジャンと日本人・さゆり。彼・彼女が見た現場の最前線をフィクションながらも鮮やかに描く。難民キャンプに運ぶ食糧の紐付の件(ex.ドナー国が学校給食用と指定すれば、自由に使うことが出来ない)や中央(NY)と現場(コンゴ)の対比などは、月と太陽の様...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月27日

    NGO活動に生きがいを見出だすさゆりと哀しい過去を持つ人道支援者ジャンの切ない物語。プロのジャーナリストの作品だけあって現場の描写がリアル、そこに2人の恋愛が上手く絡まって面白い。「月は群れない、それでいて暗闇を照らしてくれる」が心に残る。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年02月13日

    NPOで働く2人の恋愛小説。

    NPOや非営利団体を描いた物語を初めて読んだ。
    いくら世界の機関でも組織としての手順を重要視する考え方が存在するんだと知った。
    他にも国連職員はパスポートを2つ所有しているとか、戦場でも救援活動は仕事の取りあいとか・・・
    衝撃的だった。
    これも著者が長年記者として世界...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています