「お通し」はなぜ必ず出るのか―ビジネスは飲食店に学べ―

「お通し」はなぜ必ず出るのか―ビジネスは飲食店に学べ―

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

飲食店には製造、小売、サービス、流通等、あらゆる要素が詰まっている。飲食業はビジネスの原点なのだ。飲食店は本当に儲かるか? 立ち飲みが流行り、ジンギスカンが廃れた理由は? 成功の分かれ道、「少しのビックリ」と「少しのガッカリ」の差とは? 上場すれば成功なのか? 様々なケースを分析することで、成功するビジネスモデルが見えてきた。あらゆるビジネスに通じる「繁盛のセオリー」が明快にわかる一冊。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
206ページ
電子版発売日
2012年04月27日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

「お通し」はなぜ必ず出るのか―ビジネスは飲食店に学べ― のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年04月16日

    日本の飲食業界の海外への輸出について知りたくて読書。

    タイトルは、『さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 』のようなものかと考えたが、あまり関連性はなかったように思う。

    しかし、統計数字が豊富で、例えも分かりやすく、業界知識がなくても読みやすい。勉強になる。

    海外で和食(海外では一般的に日本料理)店...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月24日

    読み終わったとき、読みやすいな・きれいに書かれているなって思った。飲食業を営もうと思った人は一読する価値があると思う。
    ちまたに飲食店はたくさんあって、晩婚化が進んで外食する機会が以前より少なくなって、チェーン店が多くなって今後どうなるんだろうって思った時に出会った本。
    ・経営者と料理人、スタッフが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月06日

    ひいきにしている店が2店舗目を出したら愛情が薄れる、いい感じの店だと思ってもチェーン店だと萎える、というフレーズに共感。そこに金儲けっぽさが見えた瞬間にお客さんは離れ、ファンにはならない。お客は飲食店に癒されたいのだから・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月09日

    見て考えていれば、飲食店を経営していく上での知恵や問題は多少は分かる。この本を読むまで、その気づきは点だったが、ある程度体型的に頭に入ったように思える。
    五年前の本だけど、ここで語られている構造的な問題は、今でも通用する普遍なもの。最近大きな問題となった食品の産地偽装、俺のイタリアンに象徴される個店...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月14日

    飲食店経営について書かれた本です。
    飲食店はサービス業であり食品加工業でもある。
    外食産業は景気に左右されやすく労働環境整備もまだまだなところがある。
    毎年潰れる数開業している。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月02日

    飲食業に興味がある人、自分で飲食店を始めたい人には勿論、そうでない人にとっても非常に有益な内容だと思います。

    飲食業に携わりたい人にはそのノウハウや心構え苦労などが具体的に書かれているので直接的に役立ちます。

    そうでない人にとっては、「夢、理想」と「ビジネス」とのバランスという考え方が参考になる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月21日

    飲食をビジネス視点で書いたもの。商圏で店舗あたりの価値を考えるとか、偽装の話とか、個店経営とか、なんだか大変勉強になったし、その通りだと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月18日

    お通しというシステムを最近身を持って知って、納得いかなかったので読んだ。飲食業に特に関心はなかったが、市場規模24兆円や、一風堂ニューヨーク店の事、ランチは損などのコラム等、主に経営側の視点を知るのは素直に面白かった。例の如く簡単に読めるのも良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月22日

    「お通し」はなぜ必ず出るのか?
    一般的には、料理が出るまでのつなぎですが、本当の狙いは席料をとるためです。
    などなど、博報堂出身の著者が異業種から見た飲食店の裏側を紹介してます。

    文章が極めて読みやすく、エッセンスも整理されているので短時間で読めてしまいます。
    異業種の方が感じている飲食店の素朴な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月15日

    社会環境などの変化と業界への影響を「さざ波」と「海流」に分けて考えるとか、
    飲食店周辺ビジネスのこれからの可能性やら、
    個店が世界に進出する時代がくるとか、
    日本の飲食事業が輸出事業になるとか。
    興味深った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています