十津川警部 特急「雷鳥」蘇る殺意

十津川警部 特急「雷鳥」蘇る殺意

作者名 :
通常価格 432円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

平成元年、和倉温泉往きお座敷列車で若い女が不審死した。自殺か他殺かわからぬまま、15年以上経って、事件車両を買った高柳という男が、奇妙な掲示板を出す。事件当日、この車両に乗っていた人に話が聞きたい、謝礼に10万円払うという主旨だった。やがて、高柳のもとへ話をしに来た男が殺され……。時効を迎えた事件が新たな殺人を呼んだ!? 東京・金沢を結ぶ推理行に十津川警部が挑む!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2012年03月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年04月15日

雷鳥のお座敷列車を庭に置く家。
おかしな問い合わせ。

問い合わせの日に置きている殺人事件。
誰が犯人で誰が関係者が推理する。

時効が事件に対してどういう意味を持つかがわかりにくかった。

雷鳥は関西と北陸を結ぶ特急。
東京の十津川警部がどういう経緯で関係するかの必然性もわかりにくかった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「十津川警部 特急「雷鳥」蘇る殺意」に関連する特集・キャンペーン