消える大学 生き残る大学
作者名 :

1巻配信中

価格 540円 (税込)

存亡の危機にある大学の実態とは? 志望校選びは、ここから始まる! 法人化2期目で、一層の競争原理にさらされる国立大学、生き残り戦略に必死の公立大学、大学生の4分の3を占める私大生の厳しい就職環境、くるくる変わる国の大学行政――。問題点を鋭く追及し、受験生、保護者、高校・大学関係者、企業採用担当者が、どう対処すべきかを説く。大学情報の公開義務化を受け、経営実態を見抜く六つの指標も紹介する。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新書
ページ数
232ページ
電子版発売日
2012年02月17日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

消える大学 生き残る大学

Posted by ブクログ 2012年11月06日

東大京大だけでなく、世の中にはいい大学も悪い大学も(ひどい大学ってほんとにひどいみたい!)いろいろあるのねー

いろんな大学の学部や取り組みの事例が載っていて、目から鱗だった。個性的でいい勉強ができそうな公立大がいっぱいあるようだ。あと、うちは息子だから関係ないけど、熱心な女子大がたくさんあるのねと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

消える大学 生き残る大学

Posted by ブクログ 2011年04月16日

2011/4/16 メトロ書店御影クラッセ店にて購入。
2011/5/6〜5/8
昨今の大学を取り巻く諸問題、私立大学の定員割れ、国公立大学の法人化、法科大学院問題、医歯薬系改革、就活などを取り上げて、現状と問題点、改革の方向性などを議論。特に目新しい事柄はないが、問題点などが、わかりやすく書かれて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

消える大学 生き残る大学

Posted by ブクログ 2014年11月09日

独自の切り口で取材している面もあるのだが、最近このテーマの類書が多いため、それらと比較すると少し突っ込みが弱いところが残念。
二番煎じの感を拭えない。
キャリア(大学と企業の断絶)の章は大変面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

消える大学 生き残る大学

Posted by ブクログ 2012年07月01日

あらためて学校数が多いと思う。国公立私立、設置都道府県、開設学部等の条件が異なるが、入口の入試から出口の就職支援まで、どの大学も同じ経路を持っている。だから、同じ経営状況にならない。だからといって、成功するパターンだけを踏襲していたら同じような学校が増えるだけかと思う。学校の魅力は施設設備もさること...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

消える大学 生き残る大学

Posted by ブクログ 2012年02月24日

本書では,法人化以降,国公立大学が如何にして生き残る術を見出しているのか,また私立大学がどのような取り組みを通してブランドを維持しようとしているのか,著者が取材した内容,及び収集したデータを基に議論している。大学入学志願者数が横ばい,あるいは今後急激に低下するという時代の流れの中で,小規模大学は既に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?