時価会計不況

時価会計不況

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

グローバル・スタンダードにあわせるということを錦の御旗に、導入された「時価会計」。益出しや損失隠しができなくなり、企業の「真の実力」がわかるようになると期待されたが、本当は、いくつもの企業を破滅に追い込むだけでなく、日本経済を滅ぼしかねない「時限爆弾」だった。本書では、株安、デフレ、失業率増加……、現今の不況の元凶である「時価会計」の正体を一つ一つわかりやすく暴いていく。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
190ページ
電子版発売日
2012年01月27日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

時価会計不況 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年01月10日

    一頁当たりの文字数が少ないせいか、企業会計に素人の方にも非常に分かり易く時価会計を概説し、その導入に異論を唱えています。
    近年万能視されている時価会計ですが、1930年代の米国での公社債の例を持ち出すまでもなく、今は時価会計を導入するにはタイミングが悪く、時価=正当な評価というのは一種の擬制ですし、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    いわゆるグローバルスタンダード、アメリカ崇拝への警鐘の本。なかなかアメリカの会計事情まではわからないので勉強になりました。姉妹本の「不思議の国の会計学」がさらに詳しい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています