―幕末バトル・ロワイヤル―井伊直弼の首

―幕末バトル・ロワイヤル―井伊直弼の首

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

黒船到来という外患が内憂に転じ、動乱期が始まった――。激動期には、誰が政治権力を握るかが決定的な重要を帯びる。本書で扱う安政期のキーパーソンは、部屋住みの庶子から幕府権力の絶頂、大老にまで駆け上がった井伊掃部頭直弼だ。条約勅許、将軍継嗣問題、地震、インフレ、コレラなど難問が山積する中、京都朝廷の意向を無視して調印を強行し、反対派を弾圧することで自ら墓穴を掘ることになる……。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
シリーズ
幕末バトル・ロワイヤルシリーズ
ページ数
252ページ
電子版発売日
2011年12月28日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
3MB

―幕末バトル・ロワイヤル―井伊直弼の首 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年05月23日

    [ 内容 ]
    黒船到来という外患が内憂に転じ、動乱期が始まった―。
    激動期には、誰が政治権力を握るかが決定的な重要を帯びる。
    本書で扱う安政期のキーパーソンは、部屋住みの庶子から幕府権力の絶頂、大老にまで駆け上がった井伊掃部頭直弼だ。
    条約勅許、将軍継嗣問題、地震、インフレ、コレラなど難問が山積する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月20日

    幕末にコレラ騒ぎや富士山参拝騒ぎが起きていたことなどいままで 知らなかったことがわかって面白かったです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    2008/2
    幕末期の動乱について書かれたシリーズ第2弾。今回は井伊直弼を中心として開国に向けての幕政や公家衆の動きなど、いままであまり知られていなかったことも記載している。

    このレビューは参考になりましたか?

―幕末バトル・ロワイヤル― のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • ―幕末バトル・ロワイヤル―
    徳川幕府の生き残りを懸けたイチかバチかの天保改革が、幕末の幕を切って落とした――。改革失敗、経済混乱、飢饉に火事に異国船、未曾有の事件が頻発する中、虚々実々の駆け引きに翻弄される幕府首脳の姿は、青雲の大志と権力欲が渾然一体となった政治の現実を教えてくれる。尊王攘夷・倒幕開国のうねりが押し寄せる直前、黒船来航までを、さまざまな名珍場面でたどる、既成史観ではわからない幕末政界権力争奪史。
  • ―幕末バトル・ロワイヤル―井伊直弼の首
    黒船到来という外患が内憂に転じ、動乱期が始まった――。激動期には、誰が政治権力を握るかが決定的な重要を帯びる。本書で扱う安政期のキーパーソンは、部屋住みの庶子から幕府権力の絶頂、大老にまで駆け上がった井伊掃部頭直弼だ。条約勅許、将軍継嗣問題、地震、インフレ、コレラなど難問が山積する中、京都朝廷の意向を無視して調印を強行し、反対派を弾圧することで自ら墓穴を掘ることになる……。
  • ―幕末バトル・ロワイヤル―天誅と新選組
    尊王派と佐幕派の対立は、ついに流血の惨を招くに至った――。殺される側は身分も立場も理由もいろいろだが、「文久」の三年間、政治都市京都を中心に《天誅》の名による殺戮が荒れ狂う。過激派浪士と新選組が死力を振って斬り合う剣戟ロマン。それは《銃砲》の時代を迎える直前、道場剣術から実戦に復活した《刀》の最後の花道だった。幕府はテロの恐怖にじわじわと消耗してゆく。急転直下のバトル・ロワイヤル。

―幕末バトル・ロワイヤル― の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮新書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング