神曲奏界ポリフォニカ ウェイワード・クリムゾン

神曲奏界ポリフォニカ ウェイワード・クリムゾン

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

精霊が力を持つ世界があった。彼らは神曲楽士の奏でる楽曲を糧とし、さまざまな力を発揮する。そんな精霊たちと契約し、彼らを操ることのできる者は『神曲楽士(ダンティスト)』と呼ばれていた。新米神曲楽士のタタラ・フォロンは、キュートで最強の精霊コーティカルテと契約をしてはいるものの、安定した神曲が扱えず、未だに見習い楽士。そんな彼に、精霊の放つ力“精霊雷”を集める初仕事が舞い込んだ。張り切るフォロンに、普段は何かとうるさいコーティカルテも、この時ばかりはなにも言わず素直に協力してくれたのだが……。榊一郎の奏でる異世界ファンタジー! クリムゾンシリーズ第1弾! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / GA文庫
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
GA文庫
ページ数
344ページ
電子版発売日
2011年12月16日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
4MB

神曲奏界ポリフォニカ ウェイワード・クリムゾン のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年10月29日

    精霊は人間とは違う。といわれてもコーティをはじめみんな可愛い。と思いきや「強っ笑」ってなったりします。まぁ女王様がカッコイイね。フォロンがうらやましいです!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月15日

    ゲーム…じゃなくてキネノベから買っていました。小説版には全く気付かずしばらく放置…アニメ化を機に小説に気付き一気に購入したのですが…キネノベ版の方が話的には良い気が…。
    それとコーティとフォロンの二人のやり取りはほのぼのしていて良い感じレンバルトやユフィンリー所長もキャラが出ていて好きな作品の一つで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    キネティックノベルで好評だった神曲奏界ポリフォニカが、少し成長して装いも新たに紙面に登場。
    フォロンが、コーティが、媒介を画面から活字に変えて戻ってきました。

    キネティックにてトルバス神曲学園を「無事」卒業したフォロンが勤める先は、学園の先輩でもあった天才ツゲ・ユフィンリーが所長の神曲楽士派遣事務...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    神曲奏界ポリフォニカの小説版です。
    作者いわくこの話はゲームから数年経ってからの話だそうです。
    主人公のフォロンが初仕事に挑戦するという話。プロになるとはどういうことなのだろうか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月02日

    新米で、職場では見習いの肩書がのかない主人公。
    ようやく仕事が…と思ったら、納得がいかず失敗を。

    完璧を求めるのはよい事ですが、仕事を疎かにするのは
    また別問題…と、最終的には分かる主人公。
    しかしこう…すごいです。
    普段の姿は省エネですか? と
    聞きたくなるクライマックス。
    そして経費で作られた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月25日

    シリーズ第1弾。

    主人公のタタラ・フォロンは、楽曲を奏でることで精霊の力を借りる「神曲楽士」。彼がツゲ神曲楽士派遣事務所に入社して最初の仕事は、精霊の放つ「精霊雷」を、発電のためのサンプルに詰めること。さっそくフォロンは、契約を交わした上級精霊のコーティカルテ・アパ・ラグランジェスとともに仕事に取...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月03日

     アニメがきっかけで、ポリフォニカを読み始めました。 やはり、音を出せないのが痛いですね。その点ビジュアルノベルの方は、大変良かったです。 フォロンとコーティはそれぞれ、違った存在で、それが大きな壁になってしまうことがもどかしい。というのがこの作品の特徴?まぁ、乗り越えていきたい壁見たいなものを、打...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    分かりにくいですが本シリーズの第1巻。20世紀程度の文明の下、人と精霊が暮らす世界ポリフォニカ。新米神曲奏士のフォロンと契約精霊のコーティカルテは、ひょんなことから発電所テロに巻き込まれて……

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    私的メモ。
    5月に続編発売ですね。買いはしないだろうけどチェックしておく。
    この話は元々ネット上で連載されていたものらしいです。
    時間軸的に2話目って感じが確かにします。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年01月14日

    神奈月 昇のイラストに惹かれて読んでみた
    ものくろだと、いまいち

    まだ物語が始まったばっかで、コーティカがどういうこなのかがわからない

    このレビューは参考になりましたか?

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾン のシリーズ作品 1~12巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~12件目 / 12件
  • 神曲奏界ポリフォニカ ウェイワード・クリムゾン
    精霊が力を持つ世界があった。彼らは神曲楽士の奏でる楽曲を糧とし、さまざまな力を発揮する。そんな精霊たちと契約し、彼らを操ることのできる者は『神曲楽士(ダンティスト)』と呼ばれていた。新米神曲楽士のタタラ・フォロンは、キュートで最強の精霊コーティカルテと契約をしてはいるものの、安定した神曲が扱えず、未だに見習い楽士。そんな彼に、精霊の放つ力“精霊雷”を集める初仕事が舞い込んだ。...
  • 神曲奏界ポリフォニカ ロマンティック・クリムゾン
    はじまりは些細なことだった。バスから見かけた自然公園の前を歩く美しい少女-シェルウートゥと、彼女に心奪われた少年-カティオム。ようやくたどり着いた2人の関係は、その公園の前でときどき行き会って5分ほど会話を交わす、それだけ。惹かれているのに、どうしても手の届かない少女。素性も住んでいるところも、何も教えてくれない。「彼女のことをもっと知りたい」少年が意を決してフォロン達の事...
  • 神曲奏界ポリフォニカ スパーティング・クリムゾン
    精霊の秘密に関わるコアの登場で、大事件に巻き込まれるコーティたち。激しい追跡とバトルの先にあるのは、はたして……! ケセラテ自然公園につきまとう“地下遺跡”の噂。オミテックからの依頼で公園を訪れたフォロンを迎えたのは、今まさに発掘されつつある遺跡と、そこに埋まっている『コア』と、コーティカルテのつぶやき。-トルバスが『神曲の都』として栄えたのには、理由がある- 本来なら、事務所...
  • 神曲奏界ポリフォニカ ストラグル・クリムゾン
    「フォロン」コーティカルテが囁く様に声を掛けてくる。「うん」「一日でも一時間でも……一秒でも長く生きろ」「うん」「私を……哀れと想うなら」「……うん」「私の為にだ」 精霊病院を退院こそしたが、大人体型のまま刻々と衰えていくばかりのコーティカルテ。そんなコーティと、ただ一緒にいるだけの時間の中で、あらためてお互いの存在を意識し合うフォロン。出会ってから初めてとも言える、それはゆった...
  • 神曲奏界ポリフォニカ ビギニング・クリムゾン
    クリムゾンシリーズの原点である、二人の出会いの物語がついに登場!学生自体のフォロンや、ペルセとプリネの双子ちゃん、初々しいユフィンリーなど、ファンには見どころいっぱいの1冊です。精霊が力を持つ世界があった。彼等は音楽を糧とし、ありとあらゆる場面でその力を発揮していた。精霊たちと契約し、彼等を操る者は「神曲楽士」--ダンティストと呼ばれ、人ーの尊敬を集めていた。これはそんな世界...
  • 神曲奏界ポリフォニカ ジェラス・クリムゾン
    「私に触れるな――バケモノ」ミゼルドリッドの袖が触れた瞬間放たれたその言葉は、その場にいた全員を凍り付かせた。クガノ・リュネア。トルバス神曲学院の生徒でありながら、精霊嫌いを公言する孤独な女生徒。トルバス・スピリット・フェスタで行われる生徒たちの模範演奏を率いるためにかり出されたフォロンは、そんな彼女に自分と通じる影を見る。そんな彼女につきまとう、血の様に赤い鬣を持つ馬型の精...
  • 神曲奏界ポリフォニカ エイディング・クリムゾン
    奏始曲による精霊の争乱を退けたフォロンとコーティカルテ。だが連絡橋が破壊されたメガ・フロート-ホライズン-は完全に孤立していた。しかも奏始曲に操られた精霊達の怒りが収まらず、ホライズンは悪天候の中崩壊を始める。一方ポークトに付いていったリュネアは、彼の振る舞いを見て自らのカーマインに対する気持ちが本物かどうか疑問を抱き、カーマインの秘密へと迫ることに! 隔壁が降り、移動もま...
  • 神曲奏界ポリフォニカ チェイシング・クリムゾン
    「えっと。その…………ひょっとして、熱でもある?」「たわけええええええええええッ!!」 ある平和な昼の時間。ツゲ神曲楽士派遣事務所でその事件は起こった。コーティカルテがおかしなことを言い出したのだ。それも明らかに間違った方向で。だが、その言動の裏には、コーティカルテの深いふかぁ~~い思惑があったりなかったり。「ツンデレなんかもう旧いんです! きっと先輩が好きなのは……」な「パフォ...
  • 神曲奏界ポリフォニカ ノスタルジック・クリムゾン
    「フォロン。いつだったか約束したな。いつかお前の子を産むと」「………え? あの?」「おとさん!」 一方、多発する誘拐事件が世間を騒がしていた……。紅の幼児の正体は? そして事件の真相は!? クリムゾンシリーズ第9弾! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください
  • 神曲奏界ポリフォニカ ルックバック・クリムゾン
    「好きです。フォロン先輩。多分――初めて会った時から」 フラメルを「フォロンの子で自分が生んだ」とコーティカルテが言ったことを契機に、ペルセルテは自らの恋心を意識し始めていた。一方、メニス帝国では、精霊関係の事件の急増から、反精霊の気運が高まっていた……。そんな中、フォロンとコーティカルテは、ディエスに追われている少女と出会う。「小さくなってたから、最初は気付かなかったよ。久し...
  • 神曲奏界ポリフォニカ ディサイディング・クリムゾン
    「フォロン! しっかりしろ――フォロン!」 瀕死の重傷を負ってしまったフォロンを見て、激しく悔いるコーティカルテ。そんな彼女と、そして同じように襲撃されたユフィンリーたちを見たリコリスは、敵――<エンプティ・セット>の目的と、自身に隠された秘密を語り始めた……。彼女の語る内容を肯定するかのように、各地で<奏始曲>を使った同時多発テロが発生、その対応に追われるコーティカルテたち。と...
  • 神曲奏界ポリフォニカ ファイナライジング・クリムゾン
    「これは精霊を自由意思のない道具にしちゃう代物なのよ。もし精霊に反感を抱く連中が知ったら……」 頻発する精霊による暴力事件の対応に追われるユフィンリーたちは、やがて人々が持つ精霊を操る道具<タブレット>から、最大の敵エンプティ・セットの真の目的を知る。一方――。 「タタラ・フォロン君が死に損なっているのならば、貴女の手で終わらせるべきだとは思いませんか?」 フォロンを失ったコー...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾン に関連する特集・キャンペーン