幻の城――大坂夏の陣異聞

幻の城――大坂夏の陣異聞

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

慶長十九年、大坂城へ続々と武将たちが集結していた。大坂の陣の幕開けである。だが真田幸村は、総大将にふさわしい人物がいないことに苛立っていた。「あの方しかいない」幸村は密かに根津甚八らを流人の島・八丈島に向かわせた!もう一つの「大坂の陣」。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
祥伝社文庫
ページ数
403ページ
電子版発売日
2012年01月06日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

幻の城――大坂夏の陣異聞 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年07月01日

    あっさりやられる十勇士にびっくりw
    「もしも・・・」の創作に゚*。゚(O゚・∀・)ワクワクテカテカ゚。*゚

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月21日

    お年を召されてもぼっちゃんと呼ばせてください。
    大好きです、秀家さま!
    がっかりしたり、期待したり、嬉しかったり、
    登場人物に感情移入してしまうくらい衝撃的な展開で惹きつけられます^^
    講義中に我慢できずに読破だもんな(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ついさっきまで戯れていた鳥を焼き鳥にしてしまう坊ちゃんとか、笑顔で毒を盛ってしまう坊ちゃんとか、四十路なのにふつくしい坊ちゃんとか!328Pから宇喜多のターン。読んでいて胸のすく思いでした。復刻してくれてありがとう!大満足です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月25日

    大坂の陣に宇喜多秀家が参戦していたら・・・、という物語です。
    豊臣方に総大将といえる人物が不在で、そこで豊臣秀吉の養子でもある秀家に白羽の矢が立ったわけですが、その発想になるほどと感心しました。
    もっとも、秀家が来たところでほとんど変わらないほど大坂城内の腐敗は進んでおり、そのあたりの描写もリアリテ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月24日

    慶長十九年(一六一四)、徳川家康との戦さの気運が高まる中、豊臣方の武将が続々と大坂城へ入城していた。大坂の陣の幕開けである。だが真田幸村は、一抹の不安を覚えていた。大坂城には総大将にふさわしい器を備えた人物がいないのだ。「あの方しかいない」幸村は密かに根津甚八らを流人の島・八丈島に向かわせる!狂気の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月27日

    大阪の陣に真田幸村が宇喜多秀家を総大将として迎え入れる、
    if小説。

    発想、内容は非常に面白かったが、
    肝心の大阪の陣より八丈島の展開が主流になっていて、
    その辺が非常に残念だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月05日

    舞台は大坂夏の陣。集まった浪人集をまとめ、束ねる総大将がいないことを危惧した真田幸村が迎えたのは、八丈島に流された宇喜多秀家だった。しかし、その秀家は…!

    人気があるのは知っていましたが、著者の本は初読み。登場人物の生死などが初めから意表を突く展開でした。真田十勇士が主な動きを担っていますが、狂気...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月12日

    先日「水の城」という小田原征伐の直前に豊臣軍に一泡吹かせた小説を楽しんで読ませてもらったのですが、同じ作者の書いた「幻の城」という本を読みました。

    大坂夏の陣において大坂方で活躍した真田幸村が、八丈島に流されている「宇喜多秀家」を連れ出して、さらには、秀家が真田隊の追撃で逃げてきた「徳川家康」と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    文庫で初読。
    真田もののようなことが帯に書いてありましたが、あえて言っておきます。
    信繁と十勇士の活躍(特に佐助)を期待する人は読まぬ方がいいです。マジで。
    主人公だれやねん!!!!みたいなおちでしたよ……。少なくとも俺はがっかりした!
    でも面白いかどうかといわれれば面白かったですが、がっかり感がは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年01月12日

    宇喜多秀家が大阪夏の陣に加わっていれば...というIF話。冒頭でいきなり佐助が死んでビックリ。秀家が家康と直接対決したとこはドキドキした。が登場人物にあまり魅力を感じられずに終わってしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています