日中の興亡

日中の興亡

作者名 :
通常価格 1,400円 (1,273円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本人は中国の戦略・真意がまったく分かっていない!政治家・官僚の怠慢、多くの日本人の無関心は、もはや許されない段階にきている!――ほんとうに“望ましい”日中関係の見方を本書で説く。中華思想は生きている/中国は次は東に進む/中国が狙っている「第四の資源」/軍事なき外交は無力である/「円」こそ、国際通貨である/二〇一〇年、東アジアは激動する/これが日中謀略戦の実態だ/……この素晴らしい日本という国を、子々孫々の手にわたすために、現代に生きるわたしたちは何をすべきか!?日本を愛してやまない著者が思いを語る、4年ぶりの単行本がついに発刊!

ジャンル
出版社
PHP研究所
ページ数
240ページ
電子版発売日
2011年11月25日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

日中の興亡 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年10月01日

    同著者の『王道の日本~』の中国と日本に限定し、詳しくしたバージョン。
    地政学の基本を知ることができた。
    ロシア、韓国、中国と三国から侵略されているのに、何もできない現状がはがゆい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    青山さんの本を始めてよみました。圧倒的な筆力。日本のことを真に憂いていなければここまでかけません。
    あなたとあなたの子孫のためにぜひお読みください。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    青山繁晴は関テレANCHOR水曜日の「ニュースでズバリ」のおじさん。
    シンクタンクの所長で外交の専門家。で小説まで発表していることは事前に略歴を調べて知ってたからまえがきの文学的な語り口に特別驚きはしなかったけど今まで見てきた青山繁晴のイメージが変わった。
    まず、この人の視点は(当然だけど)戦略的外...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    沖縄が100年後も日本であるために沖縄を中国から守る。
    今生きている自分のことだけを考えるのではなくて、未来の命のために命を捧げる。これはいい話だと思う。
    でも、日米印豪とかはどうかな? ラマヌジャンのインドのはずが、数学オリンピックで悪い成績だったし。オーストラリア人には、ライアン・コネルがいるし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    中国が何を考えて昨今報道されている行動に至っているのかを詳細に分析された本。そして、日本という国が真の意味で主権在民にならないといけないと著者の青山繁晴氏は警鐘を発している。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています