逆事

逆事

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

人の生死は潮の満ち引きに同調すると、子ども時分に聞かされた。引き潮どきに逝った谷崎潤一郎。いわれに逆らうように「満ち潮どき」の死を択んだ三島由紀夫。相次いで逝った父と母、戦没した息子を思いつづけた伯母の死は……。亡き面影をたどり、生と死の綾なす人間模様を自在な筆致で描きだす「逆事」ほか珠玉の全五篇。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
ページ数
190ページ
電子版発売日
2011年11月25日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

逆事 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年11月18日

    リアリスティックでミステリアスな短編集。ごく普通の日常の風景の中に存在する微妙な空気や突然襲ってくる恐怖が、読者の前に繰り出される。いやいや、繰り出されるというより、放り出される、といった方が正しいかもしれない。そして、目の前に放り出されておろおろする読者の様子を、著者はどこかで微笑んで見ているよう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月20日

    いずれも著者の経験と小説の中間にあるような日常小説。ごく普通の日常が実は非凡さに満ちていることに、我々読者は衝撃を受ける。そのことを一人密かに感じ取る主人公の感性に驚かされる。高齢の著者の最近の作品であるのだから、半分の年齢の我々は、心して感性と向き合わねば、と思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月04日

    河野多恵子さん、初挑戦。
    エッセイのような、小説のような。
    泥棒に入られたことが間違いなくあるだろうなと思いました。
    たぶんあれはエッセイで、小説にもしたんだろう。
    すごく色々なことを思って書いたんだろうなと思いました。

    私にはなんとなく難しくて、たぶん河野さんが伝えたいことのいくらも分かりません...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月23日

    たんたんと説明が進み暮らし向きが分かる話が多く、なぜか、怖い思いをした場面(ニューヨークでのマンション侵入、大学の宿舎で突然なる警報機)が印象に残りましたが、あまり深刻な雰囲気で語れるわけでもなく妙なズレを感じます。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング