大江戸ゴミ戦争

大江戸ゴミ戦争

作者名 :
通常価格 478円 (435円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

下ッ引きの惣吉が考えた新商売は、正月飾りや供物を集めて焼却する“お送り屋”だったが……「くくり猿」。ゴミ取り人足、佐吾平に儲け話が舞い込んだが、その瓜の摘み取りにはどうも妙なことが……「瓜長者の野望」。医者のぐうたら息子・小金吾は町の発明家、この度ひらめいたのは生ゴミを利用して高価な初物の促成栽培、当たれば大儲けのはずが……「ひらめき息子」。大量のゴミ処理は江戸でも万人共通の悩み。今も昔も変わらぬゴミの問題をユーモラスに描く歴史短篇七篇。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2011年11月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

大江戸ゴミ戦争 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    外国人も驚くほど清潔で美しい江戸の街。しかしそんな江戸にもゴミ問題騒動があったそうな・・・。コミカルなタッチで描かれる、ゴミと江戸を題材にした短編小説集。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています