忙しい花嫁

忙しい花嫁

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

この物語のヒロイン、塚川亜由美。私立大の文学部に通う二年生、少々あわてんぼうの19歳である。彼女はクラブ活動の先輩・田村の結婚披露宴に招かれたが、どうも様子がおかしいのだ。花婿の田村は暗い顔をしているし、そのうえ彼は、「そっくりだが、花嫁は別の女だ」と謎の一言を残し、ヨーロッパへハネムーンに旅立った。その後、行方不明になった田村……。そして第一の殺人が――。サスペンスあふれる長編ユーモア推理。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
1986年09月
サイズ(目安)
1MB

忙しい花嫁 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年08月28日

    手元にあるのは表紙カバーが違う。この頃の他の角川の赤川本同様、及川さんのイラスト。
    次に整理する時には手放すかも。

    挟まっていた栞がものすごく若い所ジョージだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    実は内容をあまり覚えていない作品。小学5年まで本嫌いの私が読書に目覚めた記念すべき第一冊目。それまでは夏休み読書感想文のためにしか本を読まなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    塚川亜由美19才大学2年生。彼女の先輩は「あれは自分の妻じゃない」と言い残してハネムーン先で失踪する。BFの有賀とともに嫁の父親から娘が本物か探ってくれとの依頼を受けて危ない橋を渡り出す。友人の殺害・花嫁の失踪・呑気な刑事。人殺しのないミステリーって書けないかなーと思わせてしまう、この人の作品は。必...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年08月01日

    初対面でちぐはぐの、主人公と刑事とドンファン。

    ちぐはぐさが、いかにも「花嫁」シリーズらしくてよい。

    なぜドンファンが、実家に帰らなかったのかの説明がないところもよい。

    不完全さの齎す美どでもいおうか。

    母親のあいまいな性格も興味深い。

    これからの無謀な道筋を予感させるような第一...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています